ブンゴウサーチ
児童書版
青空文庫の作品を読了時間で検索できるサービス

青空文庫の全作品(314ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の全作品15,700篇を、おすすめ人気順で表示しています。

15651〜15700件 / 全15,700件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
前書きここに提供する各章はとりとめも無いので本と呼ぶのは気が進まないものであり実験室や現場で発疹チフスの研究をしているあいだに暇を見つけて書いたものである。
宇治山田の米友は、碓氷峠の頂、熊野権現の御前の風車に凭(もた)れて、遥かに東国の方を眺めている。
木剣試合文政×年の初夏のことであった。
主な登場人物備考ビートリス姓はデアル、二十二歳ボン奴隷メアリ・グレイチャールズ卿ビートリスの父リッチフォードビートリスの結婚相手マークビートリスの恋人ベリントン大佐東洋派遣の英国軍人ラッシュブロウ領主、デアル家の家長令夫人領主夫人、名はアデラサトーリスカール・グレイデラモリ伯爵夫人コーラガスタング大将レギーフィールド...
新版のこの一冊は、私がかつて工藝の性質について書いた最初のまとまった論文である。
第一章問題の要旨――人口及び食物の増加率社会の改善に関する研究において、当然現れ来たるこの問題の研究方法は次の如くである、――一、幸福に向っての人類の進歩を在来阻害し来った諸原因を探究すること、及び、二、将来におけるかかる原因の全的または部分的除去の蓋然性を検討すること。
信濃の国、白骨の温泉――これをハッコツと読ませたのは、いつの頃、誰にはじまったものか知らん。
邪宗縁起十四の乙女久田姫は古い物語を読んでいる。
われは堅き金剛石金槌にも鑿(のみ)にも打ち砕かれじ。
婦人と文学一、藪の鶯一八八六―九六(明治初期一)二、「清風徐ろに吹来つて」(明治初期二)三、短い翼一八九七―一九〇六(明治三十年代)四、入り乱れた羽搏き一九〇七―一七(明治四十年代から大正初頭へ)五、分流(大正前期)六、この岸辺には一九一八―二三(大正中期)七、ひろい飛沫一九二三―二六(大正末期から昭和へ)八、合わせ鏡一九二六―三三(昭和初頭)九、人間の像一九三四―三七(...
まへがき「荒天吉日」とは、別にたしかな出典のある言葉ではなく、ふと思ひついて、こんな標題にしたのである。
今日の小春日和、山科の光仙林から、逆三位一体が宇治醍醐(だいご)の方に向って、わたましがありました。
著者とその影との対話予まさしく乗るか反るかの仕事だね、クリストフ。
主な登場人物備考ジェシ・ハーコート解雇された女マダム・マルメゾン婦人帽店の経営者マザロフ大公妃婦人帽店の上得意客マザロフ王子名前はボリスハーコート大佐ジェシの父アダ・ハーコートジェシの妹ベラ・ギャロウェイ外務大臣の姪メリヘイブン令夫人ベラの養母メリヘイブン閣下外務大臣マクスウェルベラの恋人ロナルド・ホープジェシの旧友アストリア女王生ま...
血書「次郎さん、いらっしゃる?」階段のすぐ下から、道江の声がした。
過ぐる夜のこと、机竜之助が、透き通るような姿をして現われて来た逢坂の関の清水の蝉丸神社の鳥居から、今晩、またしても夢のように現われて来た物影があります。
原編集者序文(1921)ウィリアム・オスラー卿が1913年4月にイェール大学シリマン財団で行った講義「近代医学の興隆」の原稿は、刊行するためにイェール大学出版会にすぐに渡した。
大奸は忠に似て大智は愚なるが如しと宜なり。
さて今日から寛保年間にございました金森家の仇討のお話で、ちとお話にしては堅くるしゅうございますから、近い頃ありましたお話の人情をとりあわせ、世話と時代を一つにして永らくお聞きに入れましたお馴染のお話でございますが、ちと昔の模様でございまして、草双紙じみた処もございます。
第一章ノルウェイにおける人口に対する妨げについて現代ヨオロッパ諸国を概観するに当って、吾々(われわれ)の研究の助けとなるものは、出生、死亡、及び結婚の記録簿であるが、それは完全で正確ならば、一般に行われている人口に対する妨げが積極的妨げであるか予防的妨げであるかを、ある程度正確に、吾々に指示するものである。
庸三はその後、ふとしたことから踊り場なぞへ入ることになって、クリスマスの仮装舞踏会へも幾度か出たが、ある時のダンス・パアティの幹事から否応なしにサンタクロオスの仮面を被せられて当惑しながら、煙草を吸おうとして面から顎を少し出して、ふとマッチを摺(す)ると、その火が髯(ひげ)の綿毛に移って、めらめらと燃えあがったことがあった。
●目次1.モヂリアニ論2.松林桂月論3.松林桂月論(二)4.堅山南風論5.郷倉千靱論6.伊東深水論7.奥村土牛論8.上村松園論9.大智勝観論10.小倉遊亀論11.菊池契月論12.金島桂華論13.徳岡神泉論14.石崎光瑤論15.山口華楊論16.小杉放庵論17.福田平八郎論18.川村曼舟論19.児玉希望論20.大森桃太郎氏の芸術...
友愛塾・空林庵ちゅんと雀(すずめ)が鳴いた。
「おや、まあ、お前は弁信さんじゃありませんか……」と、草鞋を取る前に、まず呆気にとられたのは久助です。
とめどもなく走る馬のあとを追うて、宇治山田の米友は、野と、山と、村と、森と、田の中を、かなり向う見ずに走りました。
土葬水葬ふしぎなことがある。
序説「メッセンジャー博士記念講義」は「文明の進化」を取り扱うものであり病気がこの文明の進化において重要な役割を果たしていることは疑いもない。
ここに編纂したものは、必ずしも研究論文ではない。
呪の手紙硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥(おびたゞ)しい書類をぶち撒(ま)けたように敷散らして其中で、庄司利喜太郎氏は舌打をしながらセカ/\と何か探していた。
一月三日〔豊島区西巣鴨一ノ三二七七巣鴨拘置所の宮本顕治宛本郷区林町二十一より(代筆牧野虎雄筆「春の富士」の絵はがき)〕明けましておめでとう。
一月八日〔巣鴨拘置所の顕治宛目白より(封書)〕第二信きょうは風がきついけれどもいい天気。
第一章平等主義について――ウォレイス――コンドルセエ(訳註)〔訳註〕本章は第一版から現われているものであり、その第八及び第九章に当る。
年魚市は今の「愛知」の古名なり、本篇は頼朝、信長、秀吉を起せし尾張国より筆を起せしを以てこの名あり。
現代唯物論の対象となるものを物質論・認識論・科学論・文化論・の四部門に分けて見た。
ジャン・クリストフの多少激越なる批評的性格は、相次いで各派の読者に、しばしばその気色を寄せしむるの恐れあることと思うから、予はその物語の新たなる局面に入るに当たって、予が諸友およびジャン・クリストフの諸友に願うが、吾人の批判を決定的のものとみなさないでいただきたい。
伊賀の暴れん坊さっきの雷鳴で、雨は、カラッと霽(は)れた。
この書物で私は、現代日本の日本主義と自由主義とを、様々の視角から、併し終局に於て唯物論の観点から、検討しようと企てた。
田山白雲は北上川の渡頭に立って、渡し舟の出るのを待兼ねている。
私は今現代哲学に就いて、教師風の説明を与えることを目的としているのではない。
金剛寺坂「お高どの、茶が一服所望じゃ」快活な声である。
楽書きをする女京都所司代の番士のお長屋の、茶色の土塀へ墨黒々と、楽書きをしている女があった。
つねの年にも増して寒さもきびしく、風も吹き荒れることの多いその年の暮れであつた。
[#ページの左右中央]献辞:偉大な医師たちの教えを非利己的で目立たない働きにより実行した無名の医師たちに捧げる[#改ページ]第1版への前書きこの本を書き始めたときに疑問が私を襲った。
訳本書はデイヴィド・リカアドウ David Ricardo の主著『経済学及び課税の諸原理』"Principles of Political Economy and Taxation." の全訳である。
第一章人さまざまの方法によって同じ結果に達することこのエッセーは開巻第一に置かれているけれども、それは決して最初期に属するからではない。
一月一日〔豊島区西巣鴨一ノ三二七七巣鴨拘置所の宮本顕治宛四谷区西信濃町慶応義塾大学病院内い号の下より(封書)〕一月一日第一信。
[#ページの左右中央]一五八八年の新版『随想録』の扉には、その標題の下に第三巻一冊と既刊二冊への増補六〇〇項が増加されたと印刷されているが、この書きおろしの第三巻は、結局、一五八二年版の余白に書き込まれた前記増補分の延長ないし溢流とも言うべきもので、そこに特に新しい提論はないようである。
この書は近世初頭における世界の情勢のなかで日本の状況・境位を考察したものである。
[#ページの左右中央]道標第一部[#改丁]第一章からだの下で、列車がゴットンと鈍く大きくゆりかえしながら止った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。