ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 斎藤茂吉 短編(10分以内)

10分以内で読める斎藤茂吉の短編作品

青空文庫で公開されている斎藤茂吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜9件 / 全9件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
君が歌百首を發表すると聞いたとき僕は嬉しいと思つた。
那智には勝浦から馬車に乗って行った。
○選定の結果、數萬といふ資料の歌がただ百首になるのであるから、實に澤山の推薦歌が選に漏れたことになり、殘念至極であるけれども、これは大方君子の海容をねがはねばならない。
蚤という昆虫は夏分になると至るところに居るが、安眠を妨害して、困りものである。
那智には勝浦から馬車に乗つて行つた。
森鴎外の作、「うたかたの記」といふ短篇は、ミユンヘンを場面として、巨勢といふ若い日本洋画家と、マリイといふ独逸少女との恋愛を物語り、少女は湖水に溺れて、『少女は蘇らず。
雷のことをイカヅチと云つて、古事記にも大雷、黒雷等とあるが私は嘗(かつ)てイカヅチは厳槌で、巨大な槌といふ語原だらうと思ひ、上代人が、彼の響きを巨大な槌を以て続けさまに物を打つと考へたその心理を想像したのであつたが、それは素人的な理窟で、実は間違つて居た。
媼(おうな)の名は、Marie(マリー) Hillenbrand(ヒルレンブラント) といふ。
私のところに只今孫が二人居る。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。