ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 佐々木味津三 中編(60分以内)

60分以内で読める佐々木味津三の中編作品

青空文庫で公開されている佐々木味津三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編34作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜34件 / 全34件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
――時刻は宵の五ツ前。
ゆらりとひと揺れ大きく灯ざしが揺れたかと見るまに、突然パッと灯りが消えた。
右門捕物第十八番てがらです。
燐(りん)の火だ!さながらに青白く燃えている燐の火を思わすような月光である。
――その第三話です。
――その第二話です。
切支丹騒動として有名なあの島原の乱――肥前の天草で天草四郎たち天主教徒の一味が起こした騒動ですから一名天草の乱ともいいますが、その島原の乱は騒動の性質が普通のとは違っていたので、起きるから終わるまで当時幕府の要路にあった者は大いに頭を悩ました騒動でした。
その第三十五番てがらです。
――今回はいよいよ第七番てがらです。
その第三十八番てがらです。
その第三十六番てがらです。
――その第三十番てがらです。
――今回は第十番てがらです。
その第二十番てがらです。
――その第九話です。
――第七話です三十五反の帆を張りあげて行く仙台石の巻とは、必ずしも唄空事の誇張ではない。
――その第十話です。
――だんだんと回数を重ねまして、名人の捕物帳もいよいよ今回は第十四番てがらとなりましたが、目のあるところには珠が寄るのたとえで、ご番所のご記録帳によりますと、なんとも愉快千万なことには、この十四番てがらから、新しく右門の幕下にすばらしい快男児がいまひとりはせ加わりまして、おなじみの人気わき役おしゃべり屋の伝六とともに両々力を合わせながら、ますます名人の捕物さばきに痛烈無比な精彩を添えることになりましたから、それから先にご紹介しておきたいと思います。
その第三十三番てがらです。
――むっつり右門第二番てがらです。
――今回はいよいよ第九番てがらです。
――ひきつづき第十六番てがらにうつります。
――今回はその五番てがらです。
――その第五話です。
その二十三番てがらです。
――その第四番てがらです。
――ひきつづき第十一番てがらに移ります。
――ひきつづき第十七番てがらに移ります。
今回はその第六番てがらです。
その第二十九番てがらです……。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。