ブンゴウサーチ
児童書版

犬を連れた奥さん

アントン・チェーホフ
『犬を連れた奥さん』は青空文庫で公開されているアントン・チェーホフの中編作品。20,823文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。
文字数
60分以内   20,823 文字
人気
  1,235 PV
書き出し
海岸通りに新しい顔が現われたという噂であった――犬を連れた奥さんが。
初出
表記
新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

アントン・チェーホフ の人気作品

桜の園
アントン・チェーホフ
人物ラネーフスカヤ(リュボーフィ・アンドレーエヴナ)〔愛称リューバ〕女地主アーニャその娘、十七歳ワーリャその養女、二十四歳ガーエフ(レオニード・アンドレーエヴィチ)〔愛称リョーニャ〕ラネーフスカヤの兄ロパーヒン(エルモライ・アレクセーエヴィチ)商人トロフィーモフ(ピョートル・セルゲーエヴィチ)〔愛称ペーチャ〕大学生ピーシチク(ボリース・ポリーソヴィチ・シメオーノフ)地主シャルロッタ(イワーノヴナ)家庭教師...
1時間〜
かもめ
アントン・チェーホフ
人物アルカージナ(イリーナ・ニコラーエヴナ)とつぎ先の姓はトレープレヴァ、女優トレープレフ(コンスタンチン・ガヴリーロヴィチ)その息子、青年ソーリン(ピョートル・ニコラーエヴィチ)アルカージナの兄ニーナ(ミハイロヴナ・ザレーチナヤ)若い処女、裕福な地主の娘シャムラーエフ(イリヤー・アファナーシエヴィチ)退職中尉、ソーリン家の支配人ポリーナ(アンドレーエヴナ)その妻マーシャその娘トリゴーリン(ボリース・アレクセーエ...
1時間〜
ねむい
アントン・チェーホフ
夜ふけ。
30分以内
犬を連れた奥さん
アントン・チェーホフ
海岸通りに新しい顔が現われたという噂であった――犬を連れた奥さんが。
60分以内