ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 神西清 短編(30分以内)

30分以内で読める神西清の短編作品

青空文庫で公開されている神西清の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜8件 / 全8件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
A氏は南露出身の機械技師である。
滝井孝作氏の筆になる『志賀直哉対談日誌』というのを読んでいたら、偶然次のような一節にぶつかった。
ガルシンを語る人はかならずその印象ぶかい目のことをいう。
僕がこのQ島に来てから二週間の見聞は、すでに三回にわたつてRTW放送局へ送つたテレヴィによつて大体は御承知かと思ふ。
弗羅曼の娘、近つ代の栄えのひとつ、弗羅曼の昔ながらに仇気ない……(オノレ・ド・バルザック)黄昏の街が懶(ものう)く横たはつたまま、そつと伸びあがつて自分の溝渠に水鏡した。
昨日はよつぽど妙な日だつた。
先日、カサリン・マンスフィールドの短篇集を読む機会があって大変たのしかった。
二十年ほども昔のこと、垂水の山寄りの、一めんの松林に蔽はれた谷あひを占める五泉家の別荘が、幾年このかた絶えて見せなかつた静かなさざめきを立ててゐた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。