ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 高村光太郎 短編(10分以内)

10分以内で読める高村光太郎の短編作品

青空文庫で公開されている高村光太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜8件 / 全8件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
例の MONTMARTRE の珈琲店で酒をのんで居る。
九代目市川団十郎は明治三十六年九月、六十六歳で死んだ。
芸術上でわれわれが常に思考する永遠という観念は何であろう。
私自身のやつてゐるのは開墾などと口幅つたいことは言はれないほどあはれなものである。
私は自分で生きものを飼う事が苦手のため、平常は犬一匹、小鳥一羽も飼っていないが、もともと鳥獣虫魚何にてもあれ、その美しさに心を打たれるので、街を歩いていると我知らず小鳥屋の前に足をとめる。
この頃は書道がひどく流行して来て、世の中に悪筆が横行している。
私は電車に乗ると異状な興奮を感ずる。
私はよく蝉の木彫をつくる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。