ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 邦枝完二 中編(60分以内)

60分以内で読める邦枝完二の中編作品

青空文庫で公開されている邦枝完二の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(9,001 to 18,000 wordsの作品を対象としています。読了時間は「300字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜3件 / 全3件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
きのう一日、江戸中のあらゆる雑音を掻き消していた近年稀れな大雪が、東叡山の九つの鐘を別れに止んで行った、その明けの日の七草の朝は、風もなく、空はびいどろ鏡のように澄んで、正月とは思われない暖かさが、万年青の鉢の土にまで吸い込まれていた。
星灯ろう陰暦七月、盛りの夏が過ぎた江戸の町に、初秋の風と共に盂蘭盆が訪れると、人々の胸には言い合わせたように、亡き人懐かしいほのかな思いと共に、三界万霊などという言葉が浮いてくる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。