ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 佐左木俊郎 中編(60分以内)

60分以内で読める佐左木俊郎の中編作品

青空文庫で公開されている佐左木俊郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜8件 / 全8件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
街頭はもう白熱していた。
都会は四つの段階をもって発達し膨張するのを常とする。
靄(もや)!靄!靄!靄の日が続いた。
偽映鏡が舗道に向かって、街頭の風景をおそろしく誇張していた。
煉瓦工場からは再び黒煙が流れ出した。
集落から六、七町(一町は約一〇九メートル)ほどの丘の中腹に小学校があった。
東京は靄(もや)の濃い晩秋だった。
無蓋の二輪馬車は、初老の紳士と若い女とを乗せて、高原地帯の開墾場から奥暗い原始林の中へ消えて行った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。