ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 永井荷風 長編(1時間〜)

1時間〜で読める永井荷風の長編作品

青空文庫で公開されている永井荷風の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜11件 / 全11件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
わたくしは殆ど活動写真を見に行ったことがない。
東京市中散歩の記事を集めて『日和下駄』と題す。
俳諧師松風庵蘿月は今戸で常磐津の師匠をしている実の妹をば今年は盂蘭盆にもたずねずにしまったので毎日その事のみ気にしている。
女給の君江は午後三時からその日は銀座通のカッフェーへ出ればよいので、市ヶ谷本村町の貸間からぶらぶら堀端を歩み見附外から乗った乗合自動車を日比谷で下りた。
俳諧師松風庵蘿月は今戸で常磐津の師匠をしてゐる実の妹をば今年は盂蘭盆にもたづねずにしまつたので毎日その事のみ気にしてゐる。
荷風年四十正月元旦。
二人の借りている二階の硝子窓の外はこの家の物干場になっている。
わたくしはその頃身辺に起つた一小事件のために、小説の述作に絶望して暫くは机に向ふ気にもなり得なかつたことがある。
昭和廿一年一月一日(熱海にて)一月初一。
天保十三壬寅(みずのえとら)の年の六月も半を過ぎた。
浮世絵の鑑賞我邦現代における西洋文明模倣の状況を窺(うかが)ひ見るに、都市の改築を始めとして家屋什器庭園衣服に到るまで時代の趣味一般の趨勢に徴して、転た余をして日本文華の末路を悲しましむるものあり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。