ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 宇野浩二 短編(30分以内)

30分以内で読める宇野浩二の短編作品

青空文庫で公開されている宇野浩二の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜5件 / 全5件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
むかし、あるところに、それはそれは正直なおばあさんが住んでいました。
私がどんなに質屋の世話になつたかといふ事は、これまで、小説に、随筆に、既にしばしば書いたことである。
私は、これまで斎藤茂吉についてはいろいろ余り書きすぎたので、今、いくら鈍な頭をひねっても、どうしても書く事が浮かんでこない。
上司小劍は、明治七年十二月十五日に生まれ、昭和二十二年九月二日に死んだ、かぞへ年七十四歳であつた。
私が「文藝春秋」の創刊号を見たのは、たしか、本屋の店頭であつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。