ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 柳田国男 短編(30分以内)

30分以内で読める柳田国男の短編作品

青空文庫で公開されている柳田国男の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜10件 / 全10件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
自然と人生と、二つは向き/\に進み、又時としては抗立相剋せんとするものゝ如く思ふ人が、此頃多くなつたやうに感じられる。
瑞西に住む友人の家では、或日語学の教師の老婦人が、変な泣顔をして遣って来たそうである。
岩波文庫をはじめ、今日弘く行われて居る数々の「文庫もの」に対して、我々古い人間の包みきれない不満は、あまりにも外国の著作が多過ぎるという一点である。
垣内(カイト)は思いのほかこみ入った問題であった。
是は信州北部の山村を見てあるいた友人の手帖に、書留めてあった話である。
子供が桃や柿の芽生えを見つけて来て、庭の片隅に栽ゑて置くやうな心持で、棄てもせず忘れてもしまはず、時々来て見るといふ程度の問題が、私には十ばかりも有る。
△日本海岸風景の特色は潟に集まる日本海岸では風景の特色が潟に集まつて居ります。
山の彼方ビョルンソンのアルネの歌は哀調であるけれども、我々日本人にはよくその情合がわからない。
人を笑わせるつもりで私はこの見出しを付ける。
村に生れた者は、誰でも少年の頃の祭の嬉しさをよく覚えてゐる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。