ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 中谷宇吉郎 短編(5分以内)

5分以内で読める中谷宇吉郎の短編作品

青空文庫で公開されている中谷宇吉郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編22作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜22件 / 全22件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
今日は二百二十日だが、九月一日の関東大震災記念日や、二百十日から、この日にかけては、寅彦(とらひこ)先生の名言「天災は忘れた頃来る」という言葉が、いくつかの新聞に必ず引用されることになっている。
お握りには、いろいろな思い出がある。
昭和十九年の暮に、岩波文庫の一冊として『島津斉彬言行録』が出版された。
別府の裏側、由布山系の峠を越したところに、由布院という盆地がある。
金沢の郷土の漬け物に、かぶらずしというものがある。
六華豊年の兆という言葉がある位、雪の結晶といえば六花ときまっているように思われているが、中には十二花のものもある。
北海道の奥地深く、標高千メートルの地点では、冬中気温は普通零下十度以下で、雪の結晶は顕微鏡下に、水晶の骨組のように繊細を極めた姿を顕している。
前に「先生を囲る話」を書いた時、その中に所々御弟子達の言動を点景人物の意味で入れておいた。
私のふるさとは、石川県の片山津という温泉地である。
漱石の俳句の中に寅彦桂浜の石数十顆を送る涼しさや石握り見る掌という句がある。
弟治宇二郎が書いた本というのは、表題の『日本石器時代提要』であって、菊判三百ページくらいの堂々たる体裁であった。
昔、伊東で病気を養っていた頃、東京の一流料理店の主人が、遊びに来たことがある。
寺田寅彦先生の連句の中に春の夜や不二家を出でて千疋屋という句がある。
先日、日田へ行く機会があったので、広瀬淡窓先生の旧屋、秋風庵を訪ねた。
高知へ着いた日に、すぐ寺田紀念館で、御親戚の方や、寅彦を敬愛する人たちと、座談会の準備がしてあった。
昔、寺田(寅彦)先生が、よく「線香の火を消さないように」という言葉を使われた。
昭和十年発行の岩波版『芥川竜之介全集』第八巻に「一人の無名作家」という短文がある。
ハーバード大学の極東美術の主任教授に、エリセーフ氏という人がある。
私の郷里は、片山津という、加賀の温泉地である。
文化映画の中で特に自然科学を直接対象としたものを科学映画と呼ぶことにする。
私の今つとめている札幌の大学は、楡(にれ)(エルム)の樹で有名である。
北海に愚魚ありその名をほっけという肉は白きこと雪片を欺き味はうすきこと太虚に似たり一片の三石の昆布一滴のうすくちの醤油真白なる豆腐にわずかなる緑を加うくつくつと貝鍋は煮え夜は更けて味いよいよ新たなりまだ子供たちが幼かった頃、うまくだまして、早く寝つかせた夜は、奥の六畳の長火鉢で、よく貝鍋をつついた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。