ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 海野十三 中編(60分以内) 三十年後の東京

三十年後の東京

海野十三
『三十年後の東京』は青空文庫で公開されている海野十三の中編作品。15,248文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。
文字数
60分以内   15,248 文字
人気
  380 PV
書き出し
万年雪とける昭和五十二年の夏は、たいへん暑かった。
初出
1947年   (「少年読売」1947(昭和22)年10~12月)
表記
新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。