ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 横光利一 短編(5分以内)

5分以内で読める横光利一の短編作品

青空文庫で公開されている横光利一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜11件 / 全11件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
盲腸横光利Fは口から血を吐いた。
文学論と云ふものがある。
去年の梅雨には曇天が毎日續いた。
終始末期を連続しつつ、愚な時計の振り子の如く反動するものは文化である。
冬の女横光利女が一人籬(まがき)を越してぼんやりと隣家の庭を眺めてゐる。
一条の詭弁横光利その夫婦はもう十年も一緒に棲んで来た。
今まで、私は詩集を読んでゐて、涙が流れたといふことはない。
櫻草が雨に濡れたまま圓陣を造つてゐる。
幼い頃、「無常の風が吹いて来ると人が死ぬ」と母は云つた。
どこかで計画しているだろうと思うようなこと、想像で計り知られるようなこと、実際これはこうなる、あれはああなると思うような何んでもない、簡単なことが渦巻き返して来ると、ルーレットの盤の停止点を見詰めるように、停るまでは動きが分らなくなるという魔力に人はかかってしまう。
地震以後家に困つた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。