ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 佐藤春夫 短編(5分以内)

5分以内で読める佐藤春夫の短編作品

青空文庫で公開されている佐藤春夫の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編18作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜18件 / 全18件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
太宰治は井伏鱒二は悪人なりの一句を言ひ遺して死んだと聞く。
先生に関しては約半世紀の追想があり、既に蕪稿も千枚近く書いて来た。
「青い花」に出てゐた一見童話風の、しかしその内部には近代人の自己分裂と精神薄弱の自己反省を伴つた現実感を、風の如く、さりげなくしみじみと漂はせて骨格の卑しくないもののあるのを発見したのは一年も前の事であつたらう。
――あの人があんなふうにして不意に死んだのでなかったら、仮にまあ長い患のあとででもなくなったのであったら、きっと、あなたと私とのことを、たとえばいいとか決していけないとか、何かしらともかくもはっきりと言い置いたろう……わたしはどうもそんな気がするのです。
現代と宗教現代は科学の時代であるという。
うたちゃんは、三人兄弟の末で、来年からは幼稚園へ行こうというのですが、早くから、自分ではお姉ちゃん気どりで「えいちゃん」「えいちゃん」と、自分をよんでいます。
わたくしは直接には奥様とお呼びしてかげでは晶子さんと呼び慣はした。
二十代の時鴎外先生には五、六回お目にかかった。
坂口安吾の文学はいささか奇矯で反俗的なところはあつても、文学としては少しも病的なものではなく、高邁な精神をひそめたすぐれたものと思ふ。
某年某月某日――この日づけは當時の彼の手紙を見ればはつきりわかる。
堀口大学は越後長岡の藩士の家に、父九万一の東京帝国大学に遊学中、その本郷の寓に生れたといふ。
僕に「詩人馬鹿」といふ言葉がある。
わがふるさとは熊野の首邑(ゆう)新宮(シングウと読んで下さい)古来の名邑である。
「針金細工で詩をつくれ」――といふのは、わが畏友堀口大学の一般詩人に対する忠告であつて、亦、実に彼が近代詩の創作に赴かんとするに当つての宣言であつたやうに思はれる。
今朝、室生君からの手紙を枕頭に受け取つて、まだ起きもせずに開いて見ると、忘春詩集に序を書けといふのである。
二十一日午後十一時ごろ、すでに床について、まさに眠りが訪れようとしていたわたくしは二つの新聞社から起こされて、宇野君の訃に驚かされた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。