ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 小山清 短編(30分以内)

30分以内で読める小山清の短編作品

青空文庫で公開されている小山清の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜7件 / 全7件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
仄聞するところによると、ある老詩人が長い歳月をかけて執筆している日記は嘘の日記だそうである。
おきぬは武蔵野市のはずれにある、アパートの女中である。
老人は六十二になった。
末吉は屋台のおでん屋である。
井伏さんに「点滴」という文章がある。
私は中学校の三年生のとき、家出をしたことがある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。