ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 大隈重信 短編(10分以内)

10分以内で読める大隈重信の短編作品

青空文庫で公開されている大隈重信の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜9件 / 全9件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
大隈は耳学問だろうと言うものがある日々幾十人の人に面接しているから、大隈は耳学問だろうというものがあるようだ。
まず的確なる目的を定めよ現今多数の青年の各自に志すところは十人十色、種々多様であろう。
なぜ世人は直ぐ衰えるのか人間は百二十五歳までの寿命をもっておるというのが我輩予ての説である。
境遇に応じ規律ある生活を必要とする一日の生活をするにしても何時に起き、何時に食事をなし、何時に訪問者に接し何時から人を訪問するという様に規律正しくしている人もあるが、我輩の様に幕末時代から明治にかけての、非常な場合に於て働かねばならなかった者は、朝の予定と夕の実際とまるで変る様な生活をして来たので、そういう習慣が第二の天性となって、今日でもあまり予定を立てた生活をすることは遣らないのである。
閣下、諸君、今日は早稲田大学の三十年の祝典を挙ぐるに当り、見渡す限りこの大なる式場にほとんど溢(あふ)れる如く参列されたのを感謝するのである。
諸君、今日私はこの神聖なる衆議院に向って口を開きますことは初めてであります。
新智識を要する時に旧思想の人小野梓君は、我輩の最も大切な友人の一人であって、年齢よりいえば我輩の後輩であった。
歴史は活躍す世人は歴史について、ややするとかかる誤想を懐きはすまいか。
〔憲政と輿論〕帝国議会は解散されました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。