ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 渡辺温 短編(30分以内)

30分以内で読める渡辺温の短編作品

青空文庫で公開されている渡辺温の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編14作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜14件 / 全14件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
すたれた場末の、たった一間しかない狭い家に、私と姉とは住んでいた。
――曾て、哲人アビュレの故郷なるマドーラの町に、一人の魔法をよく使う女が住んでいた。
*そこの海岸のホテルでの話です。
父親は病気になりました。
H――氏と云って、青年の間に評判の高いロマンティストと懇意を得たことがあった。
井深君という青年が赤坂の溜池通りを散歩している。
上野の博覧会で軽気球が上げられた。
………………………………(――あたしの赤い煙突。
母一人娘一人の暮しであった。
二組の新婚夫婦があった。
何が南京鼠だい『エミやあ!エー坊!エンミイ―おい、エミ公!ちょっと来てくれよオ、大変々々!』出勤際に、鏡台へ向って、紳士の身躾をほどこしていた文太郎君が、突然叫びたてました。
雪降りで退屈で古風な晩であった。
兄を晃一、弟を旻と云う。
その朝、洋画家葛飾龍造の画室の中で、同居人の洋画家小野潤平が死んでいた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。