ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 竹久夢二 短編(30分以内)

30分以内で読める竹久夢二の短編作品

青空文庫で公開されている竹久夢二の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜6件 / 全6件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
[#改見開き]太郎「鶴がカアカアつて啼(な)いてるの、あれ泣いてるんですか、おぢさん」おぢさん「泣てるんぢやない、うれしくて歌つてるんです。
路青い野原のなかを、白い路がながく/\つヾいた。
留吉は稲田の畦(あぜ)に腰かけて遠い山を見ていました。
二人の小さな中学生が、お茶の水橋の欄干にもたれて、じっと水を見ていました。
「い」とあなたがいうと「それから」と母様は仰言った。
こはわが少年の日のいとしき小唄なり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。