ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 平林初之輔 短編(30分以内)

30分以内で読める平林初之輔の短編作品

青空文庫で公開されている平林初之輔の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編22作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜22件 / 全22件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
陰獣評江戸川乱歩氏の「陰獣」は、同氏の久し振りに発表した作であったのと、同氏独特の念入りな、手のこんだ、寸分のゆるみもない作品であったとのために、探偵小説の作者仲間では、異口同音に近い好評を博したようである。
これは一九三〇年型の実話ではなくて、ごく古風な実話である。
左手には三浦半島から房総半島の淡い輪郭が海の中に突きだしている。
復興局の一技師の手が、大東京市の地図の上に、縦横に朱線をひいていく。
私がこれから話すことは、全部正真正銘の事実である。
探偵小説の芸術的価値探偵小説は、英米では、ポー、スティーブンソンにはじまり、コナン・ドイルによって、近代小説の一つのカテゴリーとして、その存在を確立した。
法律の前には罪を犯さなくても、神の前に罪を犯さぬ者はありません。
第一夜「お父さん、今日は何か変わったことがあったかい?」「また、六つになる子供がさらわれちゃったよ。
文学作品の大衆性の問題は、ルナチヤルスキイ等がいふやうに、文学作品の形式の問題に止まるであらうか?更に進んでは、これは文学そのものに内在する問題であらうか?そして或る作品が大衆性を有するといふこと自体が、その作品の何か非常に望ましき芸術的なメリツト若しくは価値であるだらうか?私は最近まで、この疑問に対して「然り」と答へるのを常としてゐた。
探偵小説を、一般の小説から、特にきりはなして、これを特殊の眼で見、特殊の批評の尺度をもってこれにのぞみ、あたかも、探偵小説が、先天的に、特殊の価値を約束されているように見做すのは、間違いであると私は考える。
唯物史觀と文學平林初之輔人或は言うであろう。
『カラマーゾフ兄弟』のような小説を読むと、誰でも少なくも二日や三日は、作品の世界からぬけきれないで、平凡極まる自分の生活がいやになるに相違ない。
文芸は進化するか?阿部知二氏は『読売新聞』文芸欄(昭和五年五月六日)で、小林秀雄氏を評して次のように言う。
文学の方法論的研究が、近頃やうやく一部の人々の注意を、惹くやうになつて来た。
形而上学的文学論の破産「文学は種々の要素から成り立つ。
コペルニクスは地動説をとなへたが、それを統一的理論によつて説明するためにはニユウトンをまたねばならなかつた。
コペルニクスは地動説をとなえたが、それを統一的理論によつて説明するためにはニュウトンをまたねばならなかつた。
四月十三日こんなことが信じられるだろうか?でもじっさい妾(わたし)は自分の眼で見たのだ。
四土田杏村氏及び村松正俊氏の本質論私がこの小論文の続稿を書きおへないうちに、甚だ重要な二三の議論が私の眼にふれた。
下田の細君が台所の戸を開けたときは、まだ夜があけてまもない時刻だった。
世の中には色々な職業がある。
「あなたの御心配もよくお察ししますが、わたしの立場も少しは考えて頂かないと困ります。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。