ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 徳田秋声 短編(30分以内)

30分以内で読める徳田秋声の短編作品

青空文庫で公開されている徳田秋声の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜17件 / 全17件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
ある晩私は桂三郎といっしょに、その海岸の山の手の方を少し散歩してみた。
或夜中に私は寝所について、いくらか眠つたと思ふ頃に、又人騒がせな余震があつたとみえて、家中騒ぎだした。
羊三は山を見るのが目的で、その山全体を預かつてゐる兄の淳二と一緒にこゝへ来たのだつたけれど、毎日の日課があつたり何かして、つひ鼻の先きの山の蔭から濛々と立昇つてゐる煙を日毎に見てゐながら、つい其の傍まで行つて見るのが臆劫であつた。
その時彼はちようど二人の女と差向ひにすわつてゐた。
津島はこの頃何を見ても、長くもない自分の生命を測る尺度のやうな気がしてならないのであつた。
別府も私の行つた時分は、創始時代とでもいふのであつたらう。
『オイ/\何處へ行くんだよ。
新庄はホテルの日本室の寝床のうへでふと目をさました。
磯村は朝おきると、荒れた庭をぶら/\歩いて、すぐ机の前へ来て坐つた。
四五日前に、善く人にじゃれつく可愛い犬ころを一匹くれて行った田町の吉兵衛と云う爺さんが、今夜もその犬の懐き具合を見に来たらしい。
「ではお父さんは三ちやんと一緒に寝台自動車に乗つて行つて下さい。
空の青々と晴れた、或る水曜日、青木は山の手の支那料理採蘭亭で、或るダンサアと昼飯を食べる約束があつたので、時刻を計つてタキシイで出かけた。
青山夫人と自分と出來て了つた翌朝のこと二人の仲を取り持つた指井から電話が掛つてた。
何某署の幾つかの刑事部屋では、その時殆んど総ての刑事たちが、みんな善良さうな顔をそろへてゐた。
深い雑木林のなかに建てられたバンガロー風の其の別荘へ著いたのは午後の何時頃であつたらうか。
夏のことなので、何か涼しい着物を用意すればよかつたのだが、私は紋附が嫌ひなので、葬礼などには大抵洋服で出かけることにしてゐた。
この話を残して行つた男は、今どこにゐるか行方もしれない。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。