ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 国枝史郎 全作品

国枝史郎の全作品

青空文庫で公開されている国枝史郎の全作品124篇を、おすすめ人気順で表示しています。

1〜50件 / 全124件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
第一回土屋庄三郎は邸を出てブラブラ条坊を彷徨(さまよ)った。
藪原長者「福島は今日から馬市で、さぞまあ賑(にぎ)わうことだろう」「福島の馬市も馬市だが、藪原の繁昌はまた格別じゃ。
ぴかり!剣光!ワッという悲鳴!少し[#「少し」は底本では「少し」]間を置いてパチンと鍔音。
探偵小説が一時より衰えたことは争われない。
バルビューさんの亡霊が市中へ出るという噂が、誰からともなく云い出された。
幽霊の中で好いものは、牡丹燈籠のお米である。
二十八歳で博士号を得た、不木小酒井光次氏は、素晴らしい秀才といわざるを得ない。
茜茶屋での不思議な口説ここは両国広小路、隅田川に向いた茜茶屋、一人の武士と一人の女、何かヒソヒソ話している。
この捕り縄はポンと右手がふところへはいり、同時に左手がヒョイとあがった。
蚤とり武士「蚤とりましょう。
中央線木曾福島!ただ斯(こ)う口の中で云っただけでも私の心は踊り立つ。
兄は「探偵趣味」第五集で、僕の言論のやり方を社会主義的と云ったが是は少々妥当を欠く。
観世縒りの人馬「飛天夜叉、飛天夜叉!」「若い女だということだね」「いやいや男だということだ」「ナーニ一人の名ではなくて、団体の名だということだ」「飛天夜叉組ってやつか」「術を使うっていうじゃアないか」「摩訶不思議の妖術をね」「宮方であることには疑がいないな」「武家方をミシミシやっつけている」「何がいったい目的なんだろう?」「大盗賊だということだが」「馬鹿を云え、勤王の士だよ」「武家方...
駕籠を襲う者天明五年十一月、三日の夜の深更であった。
岡本綺堂氏の「半七捕物帳」その主人公の半七に就いて些(いささか)私見を述べることにする。
夜にはあらじ霧ふかき昼なりき町は霧にて埋もれたり霧町に降り降りたる霧町を埋めたり日はあれど月より朧(おぼ)ろにて家あれど墓より陰影的なりき葬礼の列なりやそこに、ここに、行く者は?あらじ歩める人の群なりき昼の鐘遠くきこえ夜の鐘に似たれどもただ似たるなり霧ふかき町なれば鐘の音迷えるなり玩具屋ありき会堂ありき...
「あの、もしもし」と女の声。
新青年の五月号平林初之輔氏の「犠牲者」は、感銘の深い作でした。
まだ若い英国の考古学者の、ドイルス博士は其(その)日の午後に、目的地のギゼーへ到着した。
平林初之輔氏が探偵小説を書いた。
△小酒井不木氏の作では新青年の「恋愛曲線」大衆文芸の「人工心臓」を挙げる。
年増女の美しさは、八月の肌を持っているからだ。
マーテルリンクの諸作、わけても「群盲」や「侵入者」や「タンタジールの死」などには、運命的、象徴的、等々々の味があり、それが凝って、他界的の味となっている。
まだ真夜中にはなっていなかった。
明日は闘牛の初日というのでコルドバの町は賑わっていた。
啓蒙的描写論、そういう物だって必要である。
探偵小説の人生は、日常茶碗の人生とは違う。
ヒトラーが、未来派の絵画を罵倒した記事を見て、ヒトラーらしいなと思った。
十六堂会この面では理屈は云わない。
小酒井不木氏の「見得ぬ顔」は単なる探偵小説のための探偵小説で無い処が私には嬉しいと思われました。
岡本綺堂氏推薦、デイピング原作といったような形式で訳されてあった五篇の翻訳は面白かった。
惣太物をはじめとして甲賀氏は近来の作にユーモアを織り込もうとし然うして織り込んで居りますが、私見を以てすればこのユーモアまだまだ洗練されて居りません。
久しぶりで江戸川氏の力作を発表したので、しっかりした第一義の拙評をしたいと思って居りますがまだ準備が出来て居りませんので、他日にゆずる事にします。
新青年四月増大号一瞥。
作者は大方「型」を持っています。
二回目平林氏の作中、舟木新太郎と想像される人間が、貼紙をして立ち去った件は、どうにも解釈に苦しみました。
久しぶりの大下宇陀児の発表「画家の娘」を読んだ。
文学成長の道程の中に外国文学模倣時代という時期がある。
小酒井不木さんが長逝された。
第一次世界戦争での戦敗国といえば、いうまでもなく独逸であるが、その独逸から表現主義文学という、破天荒の形式の文学が産れて、世界の芸術界を驚倒させた。
「新青年」はすべからく「探偵小説新青年」と斯(こ)う改題する必要がある。
全体主義とか全体主義国家とかいうことが盛んに云われている。
印度独立運動が活溌になりガンジーの名が国際舞台へ大きくうつしだされてきた。
最近読んだ内外の作で、最も感銘の深かったのは、小酒井不木氏翻訳のチェスタアトンの「孔雀の樹」です。
本誌五月号の探偵創作の中、小舟勝二氏の作「昇降機」を面白く――というよりも夫れ以上に敬服して読みました。
小酒井さんの「肉腫」という作(新青年掲載)依然として結構な作品です。
私が支那へ行ったのは満洲事変の始まった年の、まだ始まらない頃であった。
日本の新興探偵小説界、宝石などは扱わないと云われる。
◇小酒井不木さんが逝去された。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。