ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 国枝史郎 短編(10分以内)

10分以内で読める国枝史郎の短編作品

青空文庫で公開されている国枝史郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜9件 / 全9件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
岡本綺堂氏の「半七捕物帳」その主人公の半七に就いて些(いささか)私見を述べることにする。
探偵小説の人生は、日常茶碗の人生とは違う。
◇小酒井不木さんが逝去された。
中里介山氏の「大菩薩峠」は、実に素晴らしい作である。
「探偵趣味」へも御無沙汰致しました。
小酒井さんが長逝されました。
故小酒井不木氏は名古屋市に於ける寵児であった。
上仏印問題、蘭印問題がわが国の関心事となり、近衛内閣はそれについて、満支、南洋をつつむ東亜新秩序を示唆する声明を発した。
インドネジアン族、インドチャイニース族の集合であるところの熊襲が大和朝廷にしばしば叛(そむ)いたのは新羅が背後から使嗾するのであると観破され、「熊襲をお討ちあそばすより先に新羅を御征伐なさいますように」と神功皇后様が仲哀天皇様に御進言あそばされたのは非常な御見識と申上げなければならない。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。