ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 高村光雲 短編(30分以内)

30分以内で読める高村光雲の短編作品

青空文庫で公開されている高村光雲の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編21作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜21件 / 全21件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
総領娘を亡くしたことはいかにも残念であったが、くよくよしている場合でもなく、一方には学校という勤めがあるので取りまぎれていました。
ここで、少し断わって置かねばならぬことは、こういう門弟たちのことは別段興味のある話しというではなく、また事実としても、いわば私事になって、特に何かの参考となることでもありませんから、深く立ち入り、管々しくなることは避けたいと思います。
私は十四の子供で、さして役には立たぬ。
蠑螺堂は壊し屋が買いましたが、百観音は下金屋が買いました。
かれこれしている中に私は病気になった。
ここでまた話が八重になりますが、……その頃馬喰町の小町水の本舗の主人に平尾賛平氏という人がありました。
こういうことが続いていたが、或る年、大分大仕掛けに、父は熊手を拵え出しました。
それからまたこういう特別な注文のほかに、他の仕事もぽつぽつあります。
少し変った思い出ばなしをします。
そこで、彫刻製作となるのですが、岡倉校長は、主任は高村光雲に命ずるということであり、それから山田鬼斎先生を担任とすることになった。
私の年季が明けると同時に、師匠東雲師はまず私の配偶者のことについて心配をしておられました。
雷門に接近した並木には、門に向って左側に「山屋」という有名な酒屋があった(麦酒、保命酒のような諸国の銘酒なども売っていた)。
慶応四年辰年の五月十五日――私の十七の時、上野の戦争がありました。
さて、話は自然私がどうして石川光明氏と交を結ぶことになったかということに落ちて来ます。
いよいよ狆の製作が出来ました。
この頃になって一時に種々の事が一緒に起って来るので、どの話をしてよろしいか自分ながら選択に苦しみますが、先に日本美術協会の話をしたから、引き続き、ついでに東京彫工会のことについて話します。
これから話の順序が学校へ奉職った時分のことにちょうどなって参ります。
私の友達に高橋定次郎氏という人がありました。
私の友達に高橋定次郎氏という人がありました。
さて、谷中(茶屋町)時代になって俄(にわか)に弟子が殖えました。
話がずっと後戻りしますが、今日は少し別のはなしをしようかと思いますが、どうですか。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。