ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 牧逸馬 中編(60分以内)

60分以内で読める牧逸馬の中編作品

青空文庫で公開されている牧逸馬の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(9,001 to 18,000 wordsの作品を対象としています。読了時間は「300字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜5件 / 全5件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
マカラム街の珈琲(コーヒー)店キャフェ・バンダラウェラは、雨期の赤土のような土耳古珈琲のほかに、ジャマイカ産の生薑水をも売っていた。
ホテル・アムステルダムの女主人セレスティンは、三階から駈け降りて来た給仕人の只ならぬ様子にぎょっとして、玄関わきの帳場から出て来た。
嘗つてそんな船は存在もしていなかったように、何らの手懸りもなく、船全体から乗客、乗組員の全部が、そっくり其の儘、海洋という千古の大神秘に呑まれ去った例は、古来、かなりある。
背の高い、物腰の柔かい上品な男だった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。