ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 織田作之助 短編(5分以内)

5分以内で読める織田作之助の短編作品

青空文庫で公開されている織田作之助の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編16作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜16件 / 全16件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
秋という字の下に心をつけて、愁と読ませるのは、誰がそうしたのか、いみじくも考えたと思う。
最近私の友人がたまたま休暇を得て戦地から帰って来た。
殺された娘、美人、すくなくとも新聞の上では。
三年生になった途端に、道子は近視になった。
彼は小説家だった。
朝から粉雪が舞いはじめて、ひる過ぎからシトシトと牡丹雪だった。
彼は十円持って喫茶店へ行き、一杯十円の珈琲を飲むと、背を焼かれるような後悔に責められた。
彼は人気者になら誰とでも会いたがった。
文子は十七の歳から温泉小町といわれたが、「日本の男はみんな嘘つきで無節操だ。
その男は毎日ヒロポンの十管入を一箱宛買いに来て、顔色が土のようだった。
家には一銭の金もなく、母親は肺病だった。
「歩哨に立って大陸の夜空を仰いでいるとゆくりなくも四ッ橋のプラネタリュウムを想いだした……」と戦地の友人から便りがあったので、周章てて四ッ橋畔の電気科学館へ行き六階の劇場ではじめてプラネタリュウムを見た。
僕は終戦後間もなくケストネルの「ファビアン」という小説を読んだ。
御たより拝見しました。
東より順に大江橋、渡辺橋、田簑橋、そして船玉江橋まで来ると、橋の感じがにわかに見すぼらしい。
ある朝、一通の軍事郵便が届けられた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。