ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 織田作之助 長編(1時間〜)

1時間〜で読める織田作之助の長編作品

青空文庫で公開されている織田作之助の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編18作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜18件 / 全18件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
年中借金取が出はいりした。
第一部二十歳第一章お君は子供のときから何かといえば跣足になりたがった。
わが町織田作之助第一章明治マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、ダグバン・バギオ山頂間八十キロの開鑿(さく)は、工事監督のケノン少佐が開通式と同時に将軍になったというくらいの難工事であった。
身に覚えないとは言わさぬ、言うならば言うてみよ、大阪は二ツ井戸「まからんや」呉服店の番頭は現糞のわるい男、言うちゃわるいが人殺しであると、在所のお婆は順平にいいきかせた。
壱、明治マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、タグパン・バギオ山頂間八十粁(〔キロメートル〕)の開鑿は、工事監督のケノン少佐が開通式と同時に将軍になったというくらいの難工事で、人夫たちはベンゲット山腹五千呎(〔フィート〕)の絶壁をジグザグに登りながら作業しなければならず、スコールが来ると忽ち山崩れや地滑りが起って、谷底の岩の上へ家守のようにたたき潰された。
第一章ホテルを出ると雨が降っていた事。
歳月が流れ、お君は植物のように成長した。
四条河原町先斗町と書いて、ぽんと町と読むことは、京都に遊んだ人なら誰でも知っていよう。
子供のときから何かといえば跣足になりたがった。
最近児子政江はパアマネントウェーヴをかけた。
その時、私には六十三銭しか持ち合せがなかったのです。
大阪は二ツ井戸「まからんや」呉服店の番頭は現糞のわるい男や、云うちゃわるいが人殺しであると、在所のお婆は順平にいいきかせた。
火遁巻千曲川に河童が棲んでいた昔の話である。
凍てついた夜の底を白い風が白く走り、雨戸を敲くのは寒さの音である。
『四つの都』の起案より脱稿まで『四つの都』は川島雄三氏の第一回演出作品であるが、同時に私にとっても第一回シナリオである。
裸の娘その日、朝から降り出した雨は町に灯りがつく頃ふとやみそうだったが、夜になると急にまた土砂降りになった。
女の構図キャバレエ十番館の裏は、西木屋町に面し、高瀬川が流れた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。