ブンゴウサーチ
児童書版

青空文庫の全作品

青空文庫で公開されているすべての著者の全作品15,700篇を、おすすめ人気順で表示しています。

1〜50件 / 全15,700件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰル一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベアラユルコトヲジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリソシテワスレズ野原ノ松ノ林ノ※ノ小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ西ニツカレタ母アレバ行ッテソノ稲ノ朿ヲ[#「...
上先生と私私はその人を常に先生と呼んでいた。
メロスは激怒した。
隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃(たの)むところ頗(すこぶ)る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。
はしがき私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
ある日の暮方の事である。
一、午后の授業「ではみなさんは、そういうふうに川だと云(い)われたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。
[#ページの左右中央]巻頭歌胎児よ胎児よ何故躍る母親の心がわかっておそろしいのか[#改ページ]…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。
第一夜こんな夢を見た。
ある日の事でございます。
山路を登りながら、こう考えた。
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋(ひき)つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云(い)いながら、あるいておりました。
行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。
初編「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。
「おい地獄さ行ぐんだで!」二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた。
[#ページの左右中央]心象スケツチ春と修羅大正十一、二年[#改丁]わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です(あらゆる透明な幽霊の複合体)風景やみんなといつしよにせはしくせはしく明滅しながらいかにもたしかにともりつづける因果交流電燈のひとつの青い照明です(ひかりはたもちその電燈は...
人にいやなんですあなたのいつてしまふのが――花よりさきに実のなるやうな種子よりさきに芽の出るやうな夏から春のすぐ来るやうなそんな理窟に合はない不自然をどうかしないでゐて下さい型のやうな旦那さまとまるい字をかくそのあなたとかう考へてさへなぜか私は泣かれます小鳥のやうに臆病で大風のやうにわがままなあなたがお嫁にゆくなんていやなんですあなたのいつてしまふのが――...
松戸与三はセメントあけをやっていた。
石炭をば早や積み果てつ。
寒い冬が北方から、狐(きつね)の親子の棲(す)んでいる森へもやって来ました。
禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。
函館なる郁雨宮崎大四郎君同国の友文学士花明金田一京助君この集を両君に捧ぐ。
これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。
朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽かな叫び声をお挙げになった。
うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。
男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。
僕は或初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかしに出かけた。
桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。
むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木が一本あった。
あさ、眼をさますときの気持は、面白い。
検非違使に問われたる木樵りの物語さようでございます。
……ある牛飼いがものがたる第一日曜オツベルときたら大したもんだ。
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
よだかは、実にみにくい鳥です。
どっどどどどうどどどうどどどう青いくるみも吹きとばせすっぱいかりんも吹きとばせどっどどどどうどどどうどどどう谷川の岸に小さな学校がありました。
あわただしく、玄関をあける音が聞えて、私はその音で、眼をさましましたが、それは泥酔の夫の、深夜の帰宅にきまっているのでございますから、そのまま黙って寝ていました。
半年のうちに世相は変った。
最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。
あかいめだまのさそりひろげた鷲のつばさあをいめだまの小いぬ、ひかりのへびのとぐろ。
Le vent se l※(みは)ve, il faut tenter de vivre.PAUL VAL※(みは)RY序曲それらの夏の日々、一面に薄の生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木蔭に身を横たえていたものだった。
従兄萩原栄次氏に捧ぐ萩原君。
堀川の大殿様のやうな方は、これまでは固より、後の世には恐らく二人とはいらつしやいますまい。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。