ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 水上滝太郎 短編(30分以内)

30分以内で読める水上滝太郎の短編作品

青空文庫で公開されている水上滝太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜10件 / 全10件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
自分の第二小説集「その春の頃」は、大正元年の秋自分が渡米した後で、第一集「處女作」に續いて突然出版の運びになつた。
吾々の時代の多過ぎる程多數の作家の中で、古典として尊重せらるべき作品を後世に殘す人が幾人あるかを想ふ度に、自分は自分自身をも含ませてなさけ無い心持になるのを禁じる事が出來無い。
「お母さん、私は何處から生れて來たの。
富士の嶺はをみなも登り水無月の氷のなかに尿垂るとふ與謝野寛氏の歌だ。
田山花袋氏は里見※さんを評して「大正の鏡花」と呼んで居る。
人をつかまへて親切めかして忠告するのは、人をつかまへて無責任に罵倒するのと同じ位いい氣持なものである。
岡田夫人から「八千代集」を頂いた。
或日曜の朝の事であつた。
たださへ夏は氣短になり勝なのに全身麻醉をかけられて、外科手術をした後の不愉快な心持は、病院を出てから一週間にもなるのに、未だに執念深く殘つて居る。
久保田万太郎君と自分とのおつきあひも既に十年になつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。