ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 宮沢賢治 全作品

宮沢賢治の全作品(6ページ目)

青空文庫で公開されている宮沢賢治の全作品275篇を、おすすめ人気順で表示しています。

251〜275件 / 全275件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
嘉(か)ッコは、小さなわらじをはいて、赤いげんこを二つ顔の前にそろえて、ふっふっと息をふきかけながら、土間から外へ飛び出しました。
五六日続いた雨の、やっとあがった朝でした。
八月十三日さいかち淵(ぶち)なら、ほんとうにおもしろい。
八月十三日さいかち淵(ぶち)なら、ほんたうにおもしろい。
山男は、金いろの眼を皿のようにし、せなかをかがめて、にしね山のひのき林のなかを、兎(うさぎ)をねらってあるいていました。
山男は、金いろの眼を皿のやうにし、せなかをかがめて、にしね山のひのき林のなかを、兎(うさぎ)をねらつてあるいてゐました。
小岩井農場の北に、黒い松の森が四つあります。
この農園のすもものかきねはいっぱいに青じろい花をつけています。
ガドルフの百合宮沢賢治[表記について]●底本に従い、ルビは小学校1・2年の学習配当漢字を除き、すべての漢字につけた。
私は今日のひるすぎ、イーハトブ地方への出張から帰ったばかりです。
時一九二〇年代処盛岡市郊外人物爾薩待正開業したての植物医師ペンキ屋徒弟農民農民二農民三農民四農民五農民六幕あく。
松の木や楢(なら)の木の林の下を、深い堰(せき)が流れて居りました。
目次『春と修羅』補遺手簡〔堅い瓔珞はまっすぐに下に垂れます〕厨川停車場青森挽歌三津軽海峡駒ヶ岳旭川宗谷挽歌自由画検定委員[#改丁]手簡雨がぽしゃぽしゃ降ってゐます。
流沙の南の、楊(やなぎ)で囲まれた小さな泉で、私は、いった麦粉を水にといて、昼の食事をしておりました。
清作は、さあ日暮れだぞ、日暮れだぞと云(い)いながら、稗(ひえ)の根もとにせっせと土をかけていました。
清作は、さあ日暮れだぞ、日暮れだぞと云(い)ひながら、稗(ひえ)の根もとにせつせと土をかけてゐました。
〔もうでかけましょう。
種山ヶ原というのは北上山地のまん中の高原で、青黒いつるつるの蛇紋岩や、硬い橄欖岩からできています。
※赤い手の長い蜘蛛(くも)と、銀いろのなめくぢと、顔を洗ったことのない狸(たぬき)が、いっしょに洞熊学校にはひりました。
一、三人兄弟の医者むかしラユーといふ首都に、兄弟三人の医者がゐた。
ぼくは農学校の三年生になったときから今日まで三年の間のぼくの日誌を公開する。
私が茨海の野原に行ったのは、火山弾の手頃な標本を採るためと、それから、あそこに野生の浜茄が生えているという噂(うわさ)を、確めるためとでした。
目次母岩手公園選挙崖下の床屋祭日〔一〕保線工手〔南風の頬に酸くして〕種山ヶ原ポランの広場巡業隊夜医院〔沃度ノニホヒフルヒ来ス〕〔みちべの苔にまどろめば〕〔二山の瓜を運びて〕〔けむりは時に丘丘の〕〔遠く琥珀のいろなして〕心相肖像暁眠旱倹〔老いては冬の孔雀守る〕老農浮世絵歯科医院...
楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。
楢(なら)ノ木大学士は宝石学の専門だ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。