ブンゴウサーチ
児童書版

水仙月の四日

宮沢賢治
『水仙月の四日』は青空文庫で公開されている宮沢賢治の短編作品。6,370文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。
文字数
30分以内   6,370 文字
人気
  17,066 PV
書き出し
雪婆んごは、遠くへ出かけて居りました。
初出
1924年   (「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」盛岡市杜陵出版部・東京光原社、1924(大正13)年12月1日)
表記
新字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。