ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 全作品

芥川竜之介の全作品(3ページ目)

青空文庫で公開されている芥川竜之介の全作品371篇を、おすすめ人気順で表示しています。

101〜150件 / 全371件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
上何小二は軍刀を抛(ほう)り出すと、夢中で馬の頸(くび)にしがみついた。
私は知己を百代の後に待たうとしてゐるものではない。
星太陽の下に新しきことなしとは古人の道破した言葉である。
ある雨の降る日の午後であった。
部屋の隅に据えた姿見には、西洋風に壁を塗った、しかも日本風の畳がある、――上海特有の旅館の二階が、一部分はっきり映っている。
何でも秋の夜更けだつた。
保吉は三十になったばかりである。
加州石川郡金沢城の城主、前田斉広は、参覲中、江戸城の本丸へ登城する毎に、必ず愛用の煙管を持って行った。
基督教国にはどこにでも、「さまよえる猶太人」の伝説が残っている。
佐藤春夫は不幸にも常に僕を誤解してゐる。
或木曜日の晩、漱石先生の処へ遊びに行っていたら、何かの拍子に赤木桁平が頻に蛇笏を褒めはじめた。
誰でもわたしのやうだらうか?――ジュウル・ルナアル僕は屈辱を受けた時、なぜか急には不快にはならぬ。
クロオド・フアレエルの作品を始めて日本に紹介したのは多分堀口大学氏であらう。
吾妻橋の欄干によって、人が大ぜい立っている。
或声お前は俺の思惑とは全然違つた人間だつた。
この話を自分は母から聞いた。
革命前だったか、革命後だったか、――いや、あれは革命前ではない。
久保田万太郎君の「しるこ」のことを書いてゐるのを見、僕も亦(また)「しるこ」のことを書いて見たい欲望を感じた。
久米は官能の鋭敏な田舎者です。
文章僕に「文章に凝りすぎる。
広東に生れた孫逸仙等を除けば、目ぼしい支那の革命家は、――黄興、蔡鍔(さいがく)、宋教仁等はいずれも湖南に生れている。
小野の小町、几帳の陰に草紙を読んでいる。
小説はあらゆる文芸中、最も非芸術的なるものと心得べし。
雌蜘蛛は真夏の日の光を浴びたまま、紅い庚申薔薇の花の底に、じっと何か考えていた。
天主初成世界随造三十六神第一鉅神云輅斉布児(中略)自謂其智与天主等天主怒而貶入地獄(中略)輅斉雖入地獄受苦而一半魂神作魔鬼遊行世間退人善念―左闢第三闢裂性中艾儒略荅許大受語―破提宇子と云う天主教を弁難した書物のある事は、知っている人も少くあるまい。
小これは予が嘗(かつ)て三田文学誌上に掲載した「奉教人の死」と同じく、予が所蔵の切支丹版「れげんだ・おうれあ」の一章に、多少の潤色を加へたものである。
僕は中学五年生の時に、ドオデエの「サッフォ」という小説の英訳を読んだ。
平氏政府祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。
或(ある)曇つた冬の日暮である。
学生時代の僕は第三次並びに第四次「新思潮」の同人と最も親密に往来してゐた。
……新しき時代の浪曼主義者は三汀久米正雄である。
大溝僕は本所界隈のことをスケッチしろという社命を受け、同じ社のO君と一しょに久振りに本所へ出かけて行った。
沙羅木は植物園にもあるべし。
男は河から蘆を切つて來て、女の爲に産屋を葺いた。
大雅の画僕は日頃大雅の画を欲しいと思つてゐる。
盧生は死ぬのだと思った。
本所大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だつた。
リチヤアド・バアトン(Richard Burton)の訳した「一千一夜物語」――アラビヤン・ナイツは、今日まで出てゐる英訳中で先づ一番完全に近いものであるとせられてゐる。
これは日比谷公園のベンチの下に落ちていた西洋紙に何枚かの文放古である。
なぜファウストは悪魔に出会ったか?ファウストは神に仕えていた。
ある人々わたしはこの世の中にある人々のあることを知っている。
あなたは私の申し上げる事を御信じにならないかも知れません。
これは上海滞在中、病間に訳したものである。
高志の大蛇を退治した素戔嗚は、櫛名田姫を娶(めと)ると同時に、足名椎が治めてゐた部落の長となる事になつた。
クリスマス昨年のクリスマスの午後、堀川保吉は須田町の角から新橋行の乗合自働車に乗った。
雍和宮今日も亦(また)中野江漢君につれられ、午頃より雍和宮一見に出かける。
或夏の夜、まだ文科大学の学生なりしが、友人山宮允君と、観潮楼へ参りし事あり。
広告この数篇の文章は何人かの人々を論じたものである。
僕に小説をかけと云ふのかね。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。