ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 全作品

芥川竜之介の全作品(8ページ目)

青空文庫で公開されている芥川竜之介の全作品372篇を、おすすめ人気順で表示しています。

351〜372件 / 全372件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
夏目先生は書の幅を見ると、独り語のように「旭窓だね」と云った。
彼は若い愛蘭土人だった。
僕は重い外套にアストラカンの帽をかぶり、市ヶ谷の刑務所へ歩いて行った。
上友だち処でね、一つ承りたい事があるんだが。
鼠一等戦闘艦××の横須賀軍港へはいったのは六月にはいったばかりだった。
前置きこれは三年前支那に遊び、長江を溯(さかのぼ)った時の紀行である。
御降り今日は御降りである。
「――黄大癡といえば、大癡の秋山図をご覧になったことがありますか?」ある秋の夜、甌香閣を訪ねた王石谷は、主人の※南田(うんなんでん)と茶を啜(すす)りながら、話のついでにこんな問を発した。
千八百八十年五月何日かの日暮れ方である。
ある曇った初夏の朝、堀川保吉は悄然とプラットフォオムの石段を登って行った。
ある花曇りの朝だった。
文芸上の作品を鑑賞する為には文芸的素質がなければなりません。
竹田竹田は善き人なり。
別乾坤Judith Gautier が詩中の支那は、支那にして又支那にあらず。
歳晩のある暮方、自分は友人の批評家と二人で、所謂腰弁街道の、裸になった並樹の柳の下を、神田橋の方へ歩いていた。
放屁アンドレエフに百姓が鼻糞をほじる描写がある。
著書芭蕉は一巻の書も著はしたことはない。
前島林右衛門板倉修理は、病後の疲労が稍(やや)恢復すると同時に、はげしい神経衰弱に襲われた。
「大溝」僕は本所界隈のことをスケツチしろといふ社命を受け、同じ社のO君と一しよに久振りに本所へ出かけて行つた。
雨降りの午後、今年中学を卒業した洋一は、二階の机に背を円くしながら、北原白秋風の歌を作っていた。
午砲を打つと同時に、ほとんど人影の見えなくなった大学の図書館は、三十分経つか経たない内に、もうどこの机を見ても、荒方は閲覧人で埋まってしまった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。