ブンゴウサーチ
児童書版

麻酔剤

モーリス・ルヴェル
『麻酔剤』は青空文庫で公開されているモーリス・ルヴェルの短編作品。4,972文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。
文字数
30分以内   4,972 文字
人気
  -- PV
書き出し
「わたしなんか、麻酔剤をかけなければならぬような手術をうけるとしたら、知らないドクトルの手にはかかりたくありませんね」と美くしいマダム・シャリニがいいだした。
初出
1923年   (「新青年」1923(大正12)年8月増刊号)
表記
新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。