ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 短編(30分以内)

30分以内で読める青空文庫の短編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4,373作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜50件 / 全4,373件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
メロスは激怒した。
隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃(たの)むところ頗(すこぶ)る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。
ある日の暮方の事である。
二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋(ひき)つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云(い)いながら、あるいておりました。
行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。
禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。
むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木が一本あった。
検非違使に問われたる木樵りの物語さようでございます。
……ある牛飼いがものがたる第一日曜オツベルときたら大したもんだ。
よだかは、実にみにくい鳥です。
半年のうちに世相は変った。
最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。
或春の日暮です。
むかしむかし、冬のさなかのことでした。
拝呈時下益々御清栄、奉慶賀候。
わたしは厳寒を冒して、二千余里を隔て二十余年も別れていた故郷に帰って来た。
趙(ちょう)の邯鄲(かんたん)の都に住む紀昌という男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。
むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
保吉はずつと以前からこの店の主人を見知つてゐる。
むかしむかし夫婦者があって、永い間、小児が欲しい、欲しい、といい暮しておりましたが、やっとおかみさんの望みがかなって、神様が願いをきいてくださいました。
私がこれから書こうとしているきわめて奇怪な、またきわめて素朴な物語については、自分はそれを信じてもらえるとも思わないし、そう願いもしない。
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
祖父の十七年の法要があるから帰れ――という母からの手紙で、私は二タ月ぶりぐらいで小田原の家に帰った。
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
或日の暮方の事である。
われ、山にむかいて、目を挙ぐ。
上実は好奇心のゆえに、しかれども予は予が画師たるを利器として、ともかくも口実を設けつつ、予と兄弟もただならざる医学士高峰をしいて、某の日東京府下の一病院において、渠(かれ)が刀を下すべき、貴船伯爵夫人の手術をば予をして見せしむることを余儀なくしたり。
尾崎放哉選句集青空文庫版まえがきこのHTMLファイルには、種田山頭火と並んでいわゆる自由律俳句を代表する俳人、尾崎放哉(おざき・ほうさい。
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子がありました。
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、空も冷たい滑らかな青い石の板で出来ているらしいのです。
なめとこ山の熊のことならおもしろい。
私に親しいある老科学者がある日私に次のようなことを語って聞かせた。
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。
撰(えら)ばれてあることの恍惚(こうこつ)と不安と二つわれにありヴェルレエヌ死のうと思っていた。
或(ある)春の日暮です。
ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえのねずみがすんでいました。
軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました。
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが――父の書き残したものを繰拡げて見る機会があるだろうと思う。
まずしい木こりの男が、大きな森の近くにこやをもって、おかみさんとふたりのこどもとでくらしていました。
[#ページの左右中央]北原白秋氏に捧ぐ[#改ページ]珍らしいものをかくしてゐる人への序文萩原の今ゐる二階家から本郷動坂あたりの町家の屋根が見え、木立を透いて赤い色の三角形の支那風な旗が、いつも行くごとに閃めいて見えた。
あるところに、ちいさい女の子がいました。
文字の霊などというものが、一体、あるものか、どうか。
真夏の宿場は空虚であった。
私は十七になった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。