ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 森鴎外 短編(30分以内)

30分以内で読める森鴎外の短編作品

青空文庫で公開されている森鴎外の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編38作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜38件 / 全38件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
唐の貞観のころだというから、西洋は七世紀の初め日本は年号というもののやっと出来かかったときである。
元文三年十一月二十三日の事である。
元文三年十一月二十三日の事である。
文化六年の春が暮れて行く頃であった。
某儀明日年来の宿望相達し候て、妙解院殿(松向寺殿)御墓前において首尾よく切腹いたし候事と相成り候。
渡辺参事官は歌舞伎座の前で電車を降りた。
文化六年の春が暮れて行く頃であつた。
木村は官吏である。
明け易い夏の夜に、なんだってこんなそうぞうしい家に泊り合わせたことかと思って、己はうるさく頬(ほお)のあたりに飛んで来る蚊を逐いながら、二間の縁側から、せせこましく石を据えて、いろいろな木を植え込んである奥の小庭を、ぼんやり眺めている。
PlatonPlaton は何故に共産主義者とせられてゐるか。
人物主人客譯者場所主人の書齋。
私は話をすることが非常に下手なので、話をしろと云はれると實に氣になつてならない。
父が開業をしていたので、花房医学士は卒業する少し前から、休課に父の許へ来ている間は、代診の真似事をしていた。
豊太閤が朝鮮を攻めてから、朝鮮と日本との間には往来が全く絶えていたのに、宗対馬守義智が徳川家の旨を承けて肝いりをして、慶長九年の暮れに、松雲孫、文※[#「或」の「ノ」の部分が三本、102-2]、金考舜という三人の僧が朝鮮から様子を見に来た。
同郷人の懇親会があると云うので、久し振りに柳橋の亀清に往った。
ファウストを訳した時の苦心を話すことを、東亜之光の編者に勧められた。
某儀今年今月今日切腹して相果候事いかにも唐突の至にて、弥五右衛門奴老耄したるか、乱心したるかと申候者も可有之候えども、決して左様の事には無之候。
東京化学製造所は盛に新聞で攻撃せられながら、兎(と)に角一廉の大工場になった。
悪魔に毛を一本渡すと、霊魂まで持つて往かずには置かないと云ふ、西洋の諺がある。
Auguste Rodin は為事場へ出て来た。
Auguste(オオギュスト) Rodin(ロダン) は為事場へ出て来た。
私が訳したファウストについては、私はあの訳本をして自ら語らしめる積でいる。
逢ひたくて逢はずにしまふ人は澤山ある。
福岡日日新聞の主筆猪股為治君は予が親戚の郷人である。
時節は五月雨のまだ思切悪く昨夕より小止なく降りて、※子(れんじ)の下に四足踏伸ばしたる猫懶(ものう)くして起たんともせず、夜更て酔はされし酒に、明近くからぐつすり眠り、朝飯と午餉とを一つに片付けたる兼吉が、浴衣脱捨てて引つ掛くる衣は紺にあめ入の明石、唐繻子の丸帯うるささうに締め畢(おわ)り、何処かけんのある顔の眉蹙(しか)めて、四分珠の金釵もて結髪の頭をやけに掻き、それもこれも私がいつもののんきで、気が付かずにゐたからの事、人を恨むには当りませぬと、長火鉢の前に煙草喫みゐるお上に暇乞して...
木村は役所の食堂に出た。
高い塔が夕の空に聳(そび)えている。
唐の貞觀の頃だと云(い)ふから、西洋は七世紀の初日本は年號と云(い)ふもののやつと出來掛かつた時である。
明治二十三年八月十七日、上野より一番汽車に乗りていず。
私が大礼に参列するために京都へ立たうとしてゐる時であつた。
小日向から音羽へ降りる鼠坂と云う坂がある。
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
お金がどの客にも一度はきっとする話であった。
壱小倉の冬は冬という程の事はない。
魚玄機が人を殺して獄に下った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。