ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 梶井基次郎 全作品

梶井基次郎の全作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の全作品47篇を、おすすめ人気順で表示しています。

1〜47件 / 全47件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。
猫の耳というものはまことに可笑しなものである。
お手紙によりますと、あなたはK君の溺死について、それが過失だったろうか、自殺だったろうか、自殺ならば、それが何に原因しているのだろう、あるいは不治の病をはかなんで死んだのではなかろうかと様さまに思い悩んでいられるようであります。
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終壓へつけてゐた。
その星空を見上げると、音もしないで何匹も蝙蝠(こうもり)が飛んでいる。
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいことなんだよ。
ある午後「高いとこの眺めは、アアッ(と咳(せき)をして)また格段でごわすな」片手に洋傘、片手に扇子と日本手拭を持っている。
冬の蠅(はえ)とは何か?よぼよぼと歩いている蠅。
最近東京を騒がした有名な強盗が捕まって語ったところによると、彼は何も見えない闇の中でも、一本の棒さえあれば何里でも走ることができるという。
季節は冬至に間もなかった。
それはある日の事だった。
ある晩春の午後、私は村の街道に沿った土堤の上で日を浴びていた。
秘やかな楽しみ一顆の檸檬(レモン)を買い来て、そを玩ぶ男あり、電車の中にはマントの上に、道行く時は手拭の間に、そを見そを嗅げば、嬉しさ心に充つ、悲しくも友に離りてひとり唯独り我が立つは丸善の洋書棚の前、セザンヌはなく、レンブラントはもち去られ、マチス心をよろこばさず、独り唯ひとり、心に浮ぶ楽しみ、秘やかにレモンを探り、色のよき本を積み重ね、その上にレモンをのせ...
自分は人通りを除けて暗い路をあるいた。
試驗期で編輯は少し困難で、頁數が少なかつたが、とにかく私の當番もすんだ。
忽那が三人寄せ書きの後記を書かうと云つて、よしとは云つたもののこれと云つて書く程のことも見付からない。
亞は僕にとつては毎月の清楚な食卓だつた。
例月に比して小量のものしか載せ得なかつたことは、青空の經濟策に變動があつたことにもよるが、編輯の任にあたつた私が病態思ふやうに働らけなかつたためである。
文藝時代十二月號の小説は、林房雄だけが光つてゐる。
舊臘二十三日私達は大津の公會堂で青空の講演會を開くことになつてゐた。
同人の大部分が歸省中の編輯の任に當り、それを全うする積りであつたが、十七日に點呼があるので、殘務を中谷や外村や小林にあづけ十六日の朝東京を立つた。
私は淺見君にはまだ數へる程しか會つたことのない間柄である。
母親がランプを消して出て来るのを、子供達は父親や祖母と共に、戸外で待っていた。
私は散歩に出るのに二つの路を持っていた。
秋は洗ひたての敷布の樣に快かつた。
私は村の街道を若い母と歩いていた。
……らすほどそのなかから赤や青や朽葉の色が湧いて来る。
「スワン家の方」誌上出版記念會佐藤君と淀野の譯したこんどの本を讀んで見て第一に感じることは、プルウストといふ人がこの小説において「回想」といふことを完成してゐるといふことだ。
『戰旗』彼女等の會話(窪川いね子氏)この月讀んだプロ作品中での佳品である。
ある秋仏蘭西から来た年若い洋琴家がその国の伝統的な技巧で豊富な数の楽曲を冬にかけて演奏して行ったことがあった。
彼が妻と七才になる娘とを置き去りにして他郷へ出奔してから、二年になる。
「たうとう弟にまで金を借りる樣になつたかなあ。
子を失ふ話(木村庄三郎氏)書かれてゐるのは優れた個人でもない、ただあり來りの人間である。
文藝部から嶽水會雜誌の第百號記念號へ載せる原稿をと請はれたが、病中でまとまつたものへ筆を起す氣力もなく、とりとめもない「青空」のことなどで私に課せられた責を塞ぐことにする。
「お前は弟達をちつとも可愛がつてやらない。
自分がその道を見つけたのは卯(う)の花の咲く時分であった。
第一話私は昨日土堤の土に寢轉びながら何時間も空を見てゐた。
第二稿師走のある寒い夜のことである。
私は北川冬彦のやうに鬱然とした意志を藏してゐる藝術家を私の周圍に見たことがない。
断片夜になるとその谷間は真黒な闇に呑まれてしまう。
行一が大学へ残るべきか、それとも就職すべきか迷っていたとき、彼に研究を続けてゆく願いと、生活の保証と、その二つが不充分ながら叶(かな)えられる位置を与えてくれたのは、彼の師事していた教授であった。
喬(たかし)は彼の部屋の窓から寝静まった通りに凝視っていた。
この頃の陰鬱な天候に弱らされていて手紙を書く気にもなれませんでした。
ある蒸し暑い夏の宵のことであった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。