ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 短編(5分以内)

5分以内で読める青空文庫の短編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編4,526作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜50件 / 全4,526件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰル一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベアラユルコトヲジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリソシテワスレズ野原ノ松ノ林ノ※ノ小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ西ニツカレタ母アレバ行ッテソノ稲ノ朿ヲ[#「...
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。
僕は或初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかしに出かけた。
あかいめだまのさそりひろげた鷲のつばさあをいめだまの小いぬ、ひかりのへびのとぐろ。
むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を持って、粟(あわ)を持って、豆を持って、たいそうゆたかに暮らしているお金持ちのねずみが住んでおりました。
本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩材の準備をして置くのである。
伴天連うるがんの眼には、外の人の見えないものまでも見えたさうである。
三国志は、いうまでもなく、今から約千八百年前の古典であるが、三国志の中に活躍している登場人物は、現在でも中国大陸の至る所にそのまま居るような気がする。
摂津半国の主であった松山新介の侍大将中村新兵衛は、五畿内中国に聞こえた大豪の士であった。
イツピキノデンデンムシガアリマシタ。
一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令宜しく朝廷より出づべき事。
子供の時の愛読書は「西遊記」が第一である。
山から里の方へ遊びにいった猿が一本の赤い蝋燭(ろうそく)を拾いました。
東京の、赤坂への道に紀国坂という坂道がある――これは紀伊の国の坂という意である。
むかし、むかし、小さい女の子がありました。
童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎(うさぎ)とは、舌切雀のかすかな羽音を聞きながら、しづかに老人の妻の死をなげいてゐる。
春のあたたかい日のこと、わたし舟にふたりの小さな子どもをつれた女の旅人がのりました。
これは、いまから、四年まえの話である。
わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
「晩年」は、私の最初の小説集なのです。
「吾輩は猫である」は雑誌ホトトギスに連載した続き物である。
初茸、松茸、椎茸、木くらげ、白茸、鴈(がん)茸、ぬめり茸、霜降り茸、獅子茸、鼠茸、皮剥ぎ茸、米松露、麦松露なぞいうきのこ連中がある夜集まって、談話会を始めました。
私ばかりしあわせな死に方をしてすみません。
いちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなかすかなるむぎぶえいちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなひばりのおしやべりいちめんのなのはないちめんのなのはな...
盲腸横光利Fは口から血を吐いた。
コレガ人間ナノデスコレガ人間ナノデス原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ肉体ガ恐ロシク膨脹シ男モ女モスベテ一ツノ型ニカヘルオオソノ真黒焦ゲノ滅茶苦茶ノ爛レタ顔ノムクンダ唇カラ洩レテ来ル声ハ「助ケテ下サイ」トカ細イ静カナ言葉コレガコレガ人間ナノデス人間ノ顔ナノデス燃エガラ夢ノナカデ頭ヲナグリツケラレタノデハナクメノマヘニオチテキタクラヤミノナカヲ...
小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変えて読み、しかもその読後感を卓を叩いて論じ合うと云うような性質のものではないのであります。
武士道は斜面緩かなる山なり。
防空演習は、曾て大阪に於ても、行われたことがあるけれども、一昨九日から行われつつある関東防空大演習は、その名の如く、東京付近一帯に亘る関東の空に於て行われ、これに参加した航空機の数も、非常に多く、実に大規模のものであった。
納豆の茶漬けは意想外に美味いものである。
内田百間氏は夏目先生の門下にして僕の尊敬する先輩なり。
織田君は死ぬ気でいたのである。
楊某と云う支那人が、ある夏の夜、あまり蒸暑いのに眼がさめて、頬杖をつきながら腹んばいになって、とりとめのない妄想に耽っていると、ふと一匹の虱(しらみ)が寝床の縁を這っているのに気がついた。
堀辰雄氏から「牧歌」といふ署名入りの美しい本を送つて頂いた。
『心』は大正三年四月から八月にわたつて東京大阪両朝日へ同時に掲載された小説である。
或雨のふる秋の日、わたしは或人を訪ねる為に横浜の山手を歩いて行つた。
大抵のイズムとか主義とかいうものは無数の事実を几帳面な男が束にして頭の抽出へ入れやすいように拵(こしら)えてくれたものである。
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいことなんだよ。
この集にはいっている短篇は、「羅生門」「貉(むじな)」「忠義」を除いて、大抵過去一年間――数え年にして、自分が廿五歳の時に書いたものである。
福沢先生の手簡拝啓仕候。
その人にまた逢(あ)ふまでは、とても重苦しくて気骨の折れる人、もう滅多には逢ふまいと思ひます。
懐中時計が箪笥の向う側へ落ちて一人でチクタクと動いておりました。
法律と風習とによって、ある永劫の社会的処罰が存在し、かくして人為的に地獄を文明のさなかにこしらえ、聖なる運命を世間的因果によって紛糾せしむる間は、すなわち、下層階級による男の失墜、飢餓による女の堕落、暗黒による子供の萎縮、それら時代の三つの問題が解決せられない間は、すなわち、ある方面において、社会的窒息が可能である間は、すなわち、言葉を換えて言えば、そしてなおいっそう広い見地よりすれば、地上に無知と悲惨とがある間は、本書のごとき性質の書物も、おそらく無益ではないであろう。
どこかの公園のベンチである。
童謡は童心性を基調として、真、善、美の上に立つてゐる芸術であります。
死にかかった病人の枕元でお医者が首をひねって、「もう一時間も六カしいです」と言いました。
憲政党が、伊藤さんに代つて、内閣を組織した当時、頻りに反対して騒ぎまはつた連中も、己れは知つて居るよ。
ニューヨーク・サン新聞1897年9月21日社説欄本紙は、以下に掲載される投書に対してただちにお答え申し上げるとともに、このようにまっすぐな方が読者におられることを、心から嬉しく思います。
この料理は、東京に昔からあるものだが、大きいのでちょっと厄介である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。