ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 全作品

芥川竜之介の全作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の全作品372篇を、おすすめ人気順で表示しています。

1〜50件 / 全372件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
ある日の暮方の事である。
ある日の事でございます。
禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。
むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木が一本あった。
僕は或初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかしに出かけた。
検非違使に問われたる木樵りの物語さようでございます。
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。
堀川の大殿様のやうな方は、これまでは固より、後の世には恐らく二人とはいらつしやいますまい。
或春の日暮です。
どうか Kappa と発音して下さい。
或曇つた冬の日暮である。
これはある精神病院の患者、――第二十三号がだれにでもしゃべる話である。
僕はこの原稿を発表する可否は勿論、発表する時や機関も君に一任したいと思つてゐる。
保吉はずつと以前からこの店の主人を見知つてゐる。
元慶の末か、仁和の始にあつた話であらう。
僕等人間は一事件の為に容易に自殺などするものではない。
或日の暮方の事である。
「侏儒の言葉」の「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を伝えるものではない。
或(ある)春の日暮です。
レエン・コオト僕は或知り人の結婚披露式につらなる為に鞄(かばん)を一つ下げたまま、東海道の或停車場へその奥の避暑地から自動車を飛ばした。
蟹(かに)の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇(かたき)を取られた。
信子は女子大学にゐた時から、才媛の名声を担つてゐた。
誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。
或(ある)曇った冬の日暮である。
伴天連うるがんの眼には、外の人の見えないものまでも見えたさうである。
ある時雨の降る晩のことです。
子供の時の愛読書は「西遊記」が第一である。
ある春の夕、Padre Organtino はたった一人、長いアビト(法衣)の裾を引きながら、南蛮寺の庭を歩いていた。
たとひ三百歳の齢を保ち、楽しみ身に余ると云ふとも、未来永々の果しなき楽しみに比ぶれば、夢幻の如し。
丈艸、去来を召し、昨夜目のあはざるまま、ふと案じ入りて、呑舟に書かせたり、おのおの咏じたまへ旅に病むで夢は枯野をかけめぐる――花屋日記――元禄七年十月十二日の午後である。
明治十九年十一月三日の夜であつた。
童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎(うさぎ)とは、舌切雀のかすかな羽音を聞きながら、しづかに老人の妻の死をなげいてゐる。
支那の上海の或町です。
支那の上海の或(ある)町です。
六の宮の姫君の父は、古い宮腹の生れだつた。
煙草は、本来、日本になかつた植物である。
「話」らしい話のない小説僕は「話」らしい話のない小説を最上のものとは思つてゐない。
ある春の午過ぎです。
或秋の夜半であつた。
レエン・コオト僕は或知り人の結婚披露式につらなる為に鞄(かばん)を一つ下げたまま、東海道の或停車場へその奥の避暑地から自動車を飛ばした。
「おばば、猪熊のおばば。
天保二年九月のある午前である。
東京帝国法科大学教授、長谷川謹造先生は、ヴエランダの籐椅子に腰をかけて、ストリントベルクの作劇術を読んでゐた。
元和か、寛永か、とにかく遠い昔である。
いく子さんに献ず昔、大和の国葛城山の麓に、髪長彦という若い木樵が住んでいました。
或秋の午頃、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょに蜃気楼を見に出かけて行った。
立てきった障子にはうららかな日の光がさして、嵯峨(さが)たる老木の梅の影が、何間かの明みを、右の端から左の端まで画の如く鮮に領している。
檢非違使に問はれたる木樵りの物語さやうでございます。
目のあらい簾(すだれ)が、入口にぶらさげてあるので、往来の容子は仕事場にいても、よく見えた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。