ブンゴウサーチ
児童書版

蜃気楼

芥川竜之介
『蜃気楼』は青空文庫で公開されている芥川竜之介の短編作品。5,337文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。
文字数
30分以内   5,337 文字
人気
  30,984 PV
書き出し
或秋の午頃、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょに蜃気楼を見に出かけて行った。
初出
1927年   (「婦人公論 第十二年第三号」1927(昭和2)年3月1日)
表記
新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。