ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 中編(60分以内)

60分以内で読める芥川竜之介の中編作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編33作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜33件 / 全33件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
僕はこの原稿を発表する可否は勿論、発表する時や機関も君に一任したいと思つてゐる。
元慶の末か、仁和の始にあつた話であらう。
信子は女子大学にゐた時から、才媛の名声を担つてゐた。
天保二年九月のある午前である。
箱を出る顔忘れめや雛(ひな)二対蕪村これは或老女の話である。
以下は小説と呼ぶ種類のものではないかも知れない。
白襷隊明治三十七年十一月二十六日の未明だった。
ある機会で、予は下に掲げる二つの手紙を手に入れた。
この人を見よわたしは彼是十年ばかり前に芸術的にクリスト教を――殊にカトリツク教を愛してゐた。
俊寛云いけるは……神明外になし。
………それは小ぢんまりと出来上った、奥床しい門構えの家だった。
本所大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だった。
或初秋の日暮であつた。
阿媽港甚内の話わたしは甚内と云うものです。
この話の主人公は忍野半三郎と言う男である。
小これは予が嘗(かつ)て三田文学誌上に掲載した「奉教人の死」と同じく、予が所蔵の切支丹版「れげんだ・おうれあ」の一章に、多少の潤色を加へたものである。
大溝僕は本所界隈のことをスケッチしろという社命を受け、同じ社のO君と一しょに久振りに本所へ出かけて行った。
大雅の画僕は日頃大雅の画を欲しいと思つてゐる。
本所大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だつた。
高志の大蛇を退治した素戔嗚は、櫛名田姫を娶(めと)ると同時に、足名椎が治めてゐた部落の長となる事になつた。
クリスマス昨年のクリスマスの午後、堀川保吉は須田町の角から新橋行の乗合自働車に乗った。
広告この数篇の文章は何人かの人々を論じたものである。
お蓮(れん)が本所の横網に囲われたのは、明治二十八年の初冬だった。
いつぞや上野の博物館で、明治初期の文明に関する展覧会が開かれていた時の事である。
今ではもう十年あまり以前になるが、ある年の春私は実践倫理学の講義を依頼されて、その間かれこれ一週間ばかり、岐阜県下の大垣町へ滞在する事になった。
天保二年九月の或午前である。
埃僕の記憶の始まりは数え年の四つの時のことである。
別乾坤Judith Gautier が詩中の支那は、支那にして又支那にあらず。
歳晩のある暮方、自分は友人の批評家と二人で、所謂腰弁街道の、裸になった並樹の柳の下を、神田橋の方へ歩いていた。
放屁アンドレエフに百姓が鼻糞をほじる描写がある。
著書芭蕉は一巻の書も著はしたことはない。
前島林右衛門板倉修理は、病後の疲労が稍(やや)恢復すると同時に、はげしい神経衰弱に襲われた。
「大溝」僕は本所界隈のことをスケツチしろといふ社命を受け、同じ社のO君と一しよに久振りに本所へ出かけて行つた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。