ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 短編(5分以内)

5分以内で読める芥川竜之介の短編作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編138作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜50件 / 全138件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
僕は或初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかしに出かけた。
伴天連うるがんの眼には、外の人の見えないものまでも見えたさうである。
子供の時の愛読書は「西遊記」が第一である。
童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎(うさぎ)とは、舌切雀のかすかな羽音を聞きながら、しづかに老人の妻の死をなげいてゐる。
内田百間氏は夏目先生の門下にして僕の尊敬する先輩なり。
楊某と云う支那人が、ある夏の夜、あまり蒸暑いのに眼がさめて、頬杖をつきながら腹んばいになって、とりとめのない妄想に耽っていると、ふと一匹の虱(しらみ)が寝床の縁を這っているのに気がついた。
或雨のふる秋の日、わたしは或人を訪ねる為に横浜の山手を歩いて行つた。
この集にはいっている短篇は、「羅生門」「貉(むじな)」「忠義」を除いて、大抵過去一年間――数え年にして、自分が廿五歳の時に書いたものである。
金沢の方言によれば「うまさうな」と云ふのは「肥つた」と云ふことである。
「何しろ項羽と云う男は、英雄の器じゃないですな。
彼は若い社会主義者だつた。
昔、支那の或(ある)田舎に書生が一人住んでいました。
自分は菊池寛と一しょにいて、気づまりを感じた事は一度もない。
――この涙の谷に呻(うめ)き泣きて、御身に願いをかけ奉る。
わたしは年少のW君と、旧友のMに案内されながら、久しぶりに先生の書斎へはひつた。
私は知己を百代の後に待たうとしてゐるものではない。
何でも秋の夜更けだつた。
佐藤春夫は不幸にも常に僕を誤解してゐる。
或木曜日の晩、漱石先生の処へ遊びに行っていたら、何かの拍子に赤木桁平が頻に蛇笏を褒めはじめた。
誰でもわたしのやうだらうか?――ジュウル・ルナアル僕は屈辱を受けた時、なぜか急には不快にはならぬ。
久保田万太郎君の「しるこ」のことを書いてゐるのを見、僕も亦(また)「しるこ」のことを書いて見たい欲望を感じた。
久米は官能の鋭敏な田舎者です。
文章僕に「文章に凝りすぎる。
学生時代の僕は第三次並びに第四次「新思潮」の同人と最も親密に往来してゐた。
……新しき時代の浪曼主義者は三汀久米正雄である。
沙羅木は植物園にもあるべし。
男は河から蘆を切つて來て、女の爲に産屋を葺いた。
盧生は死ぬのだと思った。
これは上海滞在中、病間に訳したものである。
或夏の夜、まだ文科大学の学生なりしが、友人山宮允君と、観潮楼へ参りし事あり。
彼は或町の裏に年下の彼女と鬼ごつこをしてゐた。
自分の今寝ころんでゐる側に、古い池があつて、そこに蛙(かへる)が沢山ゐる。
久しぶりに漱石先生の所へ行つたら、先生は書斎のまん中に坐つて、腕組みをしながら、何か考へてゐた。
あなたがたはゼライイドの話を知つてゐますか?ゼライイドは美しい王女です。
黒馬に風景が映つてゐる。
「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を傳へるものではない。
鏡花泉先生は古今に独歩する文宗なり。
イズムを持つ必要があるかどうか。
槐(ゑんじゆ)と云ふ樹の名前を覚えたのは「石の枕」と云ふ一中節の浄瑠璃を聞いた時だつたであらう。
貴問に曰(いはく)、近来娼婦型の女人増加せるを如何思ふ乎(か)と。
僕は一体冬はすきだから十一月十二月皆好きだ。
一、ロマンスの中の女性は善悪共皆好み候。
これは異本「伊曾保の物語」の一章である。
あなたはこんな話を聞いたことがありますか?人間が人間の肉を食つた話を。
大正十二年の冬(?)、僕はどこからかタクシイに乗り、本郷通りを一高の横から藍染橋へ下らうとしてゐた。
犬養君の作品は大抵読んでいるつもりである。
大町先生に最後にお目にかゝったのは、大正十三年の正月に、小杉未醒、神代種亮、石川寅吉の諸君と品川沖へ鴨猟に往った時である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。