ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 全作品

芥川竜之介の全作品(2ページ目)

青空文庫で公開されている芥川竜之介の全作品371篇を、おすすめ人気順で表示しています。

51〜100件 / 全371件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
平中といふ色ごのみにて、宮仕人はさらなり、人の女など忍びて見ぬはなかりけり。
これは自分より二三年前に、大学の史学科を卒業した本間さんの話である。
浅草の仁王門の中に吊(つ)った、火のともらない大提灯。
先頃大殿様御一代中で、一番人目を駭(おどろ)かせた、地獄変の屏風の由来を申し上げましたから、今度は若殿様の御生涯で、たった一度の不思議な出来事を御話し致そうかと存じて居ります。
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まつたのは、良平の八つの年だつた。
僕の母は狂人だった。
暑いフロックを夏の背廣に着換へて外の連中と一しよに上甲板へ出てゐると、年の若い機關少尉が三人やつて來て、いろんな話をしてくれた。
目次紫天鵞絨/桐/薔薇/客中恋/若人/砂上遅日紫天鵞絨やはらかく深紫の天鵞絨をなづる心地か春の暮れゆくいそいそと燕もまへりあたゝかく郵便馬車をぬらす春雨ほの赤く岐阜提灯もともりけり「二つ巴」の春の夕ぐれ(明治座三月狂言)戯奴の紅き上衣に埃の香かすかにしみて春はくれにけりなやましく春は暮れゆく踊り子の金紗の裾に春は暮れゆく春漏の水のひゞきかあるはまた舞姫のうつとほき鼓か(京都旅情)...
内田百間氏は夏目先生の門下にして僕の尊敬する先輩なり。
楊某と云う支那人が、ある夏の夜、あまり蒸暑いのに眼がさめて、頬杖をつきながら腹んばいになって、とりとめのない妄想に耽っていると、ふと一匹の虱(しらみ)が寝床の縁を這っているのに気がついた。
箱を出る顔忘れめや雛(ひな)二対蕪村これは或老女の話である。
或雨のふる秋の日、わたしは或人を訪ねる為に横浜の山手を歩いて行つた。
海上愈(いよいよ)東京を発つと云う日に、長野草風氏が話しに来た。
自分は、大川端に近い町に生まれた。
檢非違使に問はれたる木樵りの物語さやうでございます。
この集にはいっている短篇は、「羅生門」「貉(むじな)」「忠義」を除いて、大抵過去一年間――数え年にして、自分が廿五歳の時に書いたものである。
堀川の大殿樣のやうな方は、これまでは固より、後の世には恐らく二人とはいらつしやいますまい。
以下は小説と呼ぶ種類のものではないかも知れない。
白襷隊明治三十七年十一月二十六日の未明だった。
大震雑記大正十二年八月、僕は一游亭と鎌倉へ行き、平野屋別荘の客となつた。
上夜、盛遠が築土の外で、月魄を眺めながら、落葉を踏んで物思いに耽っている。
ある機会で、予は下に掲げる二つの手紙を手に入れた。
金沢の方言によれば「うまさうな」と云ふのは「肥つた」と云ふことである。
おれは締切日を明日に控えた今夜、一気呵成にこの小説を書こうと思う。
ある冬の夜、私は旧友の村上と一しょに、銀座通りを歩いていた。
「何しろ項羽と云う男は、英雄の器じゃないですな。
明治元年五月十四日の午過ぎだつた。
この人を見よわたしは彼是十年ばかり前に芸術的にクリスト教を――殊にカトリツク教を愛してゐた。
彼は若い社会主義者だつた。
ここは南蛮寺の堂内である。
去年の春の夜、――と云ってもまだ風の寒い、月の冴(さ)えた夜の九時ごろ、保吉は三人の友だちと、魚河岸の往来を歩いていた。
………それは小ぢんまりと出来上った、奥床しい門構えの家だった。
俊寛云いけるは……神明外になし。
本所大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だった。
昔、支那の或(ある)田舎に書生が一人住んでいました。
お住の倅(せがれ)に死別れたのは茶摘みのはじまる時候だつた。
宇治の大納言隆国「やれ、やれ、昼寝の夢が覚めて見れば、今日はまた一段と暑いようじゃ。
再びこの人を見よクリストは「万人の鏡」である。
或初秋の日暮であつた。
×すべて背景を用いない。
わんある冬の日の暮、保吉は薄汚いレストランの二階に脂臭い焼パンを齧(かじ)っていた。
自分は菊池寛と一しょにいて、気づまりを感じた事は一度もない。
阿媽港甚内の話わたしは甚内と云うものです。
――この涙の谷に呻(うめ)き泣きて、御身に願いをかけ奉る。
天主教徒の古暦の一枚、その上に見えるのはこう云う文字である。
媒酌結婚で結構です媒酌結婚と自由結婚との得失といふことは、結局、この二種の結婚様式が結婚後の生活の上に、如何なる幸福を導き出し、如何なる不幸を齎(もたら)すかといふことのやうに解せられる。
この話の主人公は忍野半三郎と言う男である。
わたしは年少のW君と、旧友のMに案内されながら、久しぶりに先生の書斎へはひつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。