ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 梶井基次郎 短編(30分以内)

30分以内で読める梶井基次郎の短編作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜17件 / 全17件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。
お手紙によりますと、あなたはK君の溺死について、それが過失だったろうか、自殺だったろうか、自殺ならば、それが何に原因しているのだろう、あるいは不治の病をはかなんで死んだのではなかろうかと様さまに思い悩んでいられるようであります。
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終壓へつけてゐた。
その星空を見上げると、音もしないで何匹も蝙蝠(こうもり)が飛んでいる。
冬の蠅(はえ)とは何か?よぼよぼと歩いている蠅。
最近東京を騒がした有名な強盗が捕まって語ったところによると、彼は何も見えない闇の中でも、一本の棒さえあれば何里でも走ることができるという。
それはある日の事だった。
自分は人通りを除けて暗い路をあるいた。
「お前は弟達をちつとも可愛がつてやらない。
自分がその道を見つけたのは卯(う)の花の咲く時分であった。
第一話私は昨日土堤の土に寢轉びながら何時間も空を見てゐた。
第二稿師走のある寒い夜のことである。
私は北川冬彦のやうに鬱然とした意志を藏してゐる藝術家を私の周圍に見たことがない。
断片夜になるとその谷間は真黒な闇に呑まれてしまう。
行一が大学へ残るべきか、それとも就職すべきか迷っていたとき、彼に研究を続けてゆく願いと、生活の保証と、その二つが不充分ながら叶(かな)えられる位置を与えてくれたのは、彼の師事していた教授であった。
喬(たかし)は彼の部屋の窓から寝静まった通りに凝視っていた。
この頃の陰鬱な天候に弱らされていて手紙を書く気にもなれませんでした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。