ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 坂口安吾 短編(30分以内)

30分以内で読める坂口安吾の短編作品

青空文庫で公開されている坂口安吾の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編155作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜50件 / 全155件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
半年のうちに世相は変った。
恋愛とはいかなるものか、私はよく知らない。
野村は戦争中一人の女と住んでゐた。
シャルル・ペロオの童話に「赤頭巾」という名高い話があります。
諸君は、東京市某町某番地なる風博士の邸宅を御存じであろう乎(か)?御存じない。
私は先ごろパンパンガールと会談した。
敗戦後国民の道義頽廃せりというのだが、然らば戦前の「健全」なる道義に復することが望ましきことなりや、賀すべきことなりや、私は最も然らずと思う。
原子バクダンの被害写真が流行しているので、私も買った。
新聞によると、太宰の月収二十万円、毎日カストリ二千円飲み、五十円の借家にすんで、雨漏りを直さず。
三万七千人島原の乱で三万七千の農民が死んだ。
私はいつも神様の国へ行かうとしながら地獄の門を潜つてしまふ人間だ。
天皇陛下が旅行して歩くことは、人間誰しも旅行するもの、あたりまえのことであるが、現在のような旅行の仕方は、危険千万と言わざるを得ない。
私は日本酒の味はきらひで、ビールの味もきらひだ。
私はストリップを見たのは今度がはじめてだ。
帝銀事件はとくに智能犯というほどのものではないようだ。
戦争は人類に多くの利益をもたらしてくれた。
私はこゝ一ヶ月間に五回も座談会にひっぱりだされて困った。
将棋の升田七段が木村名人に三連勝以来、大阪の反逆といふやうなことが、時々新聞雑誌に現れはじめた。
日本の探偵作家の間に、探偵小説芸術論という一風潮があって、ドストエフスキーは探偵小説だというような説があるが、こういうのを暴論と称する。
小生もついに別荘の七ツ八ツ風光明媚なるところにブッたてようという遠大千万なコンタンによって「捕物帳」をかくことゝなり、小説新潮の案内で、箱根の谷のドン底の温泉旅館へ行った。
東京は小石川に「もみぢ」という旅館がある。
インドの昔に学者が集って相談した。
診察拒否の巻この温泉都市でたぶん前山別荘が一番大きな別荘だろう。
極意だの免許皆伝などというのは茶とか活花とか忍術とか剣術の話かと思っていたら、関孝和の算術などでも斎戒沐浴して血判を捺(お)し自分の子供と二人の弟子以外には伝えないなどとやっている。
戦争中の浅草は、ともかく、私の輸血路であった。
雪国の山奥の寒村に若い禅僧が住んでいた。
発端木枯の荒れ狂う一日、僕は今度武蔵野に居を卜そうと、ただ一人村から村を歩いていたのです。
諸君は、東京市某区某町某番地なる風博士の邸宅を御存じであらう乎?御存じない。
昔、越後之国魚沼の僻地に、閑山寺の六袋和尚といって近隣に徳望高い老僧があった。
先日朝日評論のO氏現れ、開口一番、舟橋聖一のところには日に三人の暴力団が参上する由だが、こちらはどうですか、と言ふ。
敗戦後国民の道義頽廃せりというのだが、然らば戦前の「健全」なる道義に復することが望ましきことなりや、賀すべきことなりや、私は最も然らずと思う。
戦争中はほかに楽しみもなかったので、私はよく碁会所のお世話になった。
妖雲天地にたちこめ、円盤空をとび、巷(ちまた)の天文家は戦争近しと睨(にら)んだ形跡であるが、こと私自身に関しては、戦争になっても余り困らない人間だ。
畏友辰夫は稀(まれ)に見る秀才だったが、発狂してとある精神病院へ入院した。
九段坂下の裏通りに汚い下宿屋があつた。
私はいつも神様の国へ行こうとしながら地獄の門を潜ってしまう人間だ。
今年いっぱい、日本諸国をかなり足まめに旅行した。
カストリ雑誌などゝ云って、天下は挙げて軽蔑するけれども、これを一冊つくるんだって、容易じゃないよ。
先日朝日評論のO氏現れ、開口一番、舟橋聖一のところには日に三人の暴力団が参上する由だが、こちらはどうですか、と言う。
ちやうど今日(十月三日)文部省で著作家側を招いて新カナヅカイと漢字の問題で意見をきゝたいといふことで、僕も招かれてゐるけれども、紙上で述べる方が意をつくし得るから、以下、私見を書くことにする。
晦日風呂その日は大晦日です。
一ヶ月余の睡眠治療が終って、どうやら食慾も出、歩行もいくらか可能になったころ、まだ戸外の散歩はムリであるから、医者のフリをして、ちょッと外来を見せて貰った。
出家の代り元服して勘当のことある朝、曾我の太郎が庭へでてみると、大切にしている桜の若木がスッポリ切られている。
戦火に焼けだされて以来音信不通だつたマリマリ先生といふ洋画家の御夫婦がタイタイ先生といふ小説家を訪ねてきた。
その村に二軒の由緒正しい豪家があつた。
雑沓の街は結局地上で一番静寂な場所であるかも知れない。
華頂博信氏手記私どもの離婚は決して夫婦喧嘩ではありません。
私は妙に魚釣りに縁のあるあたりに住んできたが、小田原で三日間ぐらい鮎釣りをした以外は魚を釣ったことがない。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。