ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 太宰治 短編(30分以内)

30分以内で読める太宰治の短編作品

青空文庫で公開されている太宰治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編68作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜50件 / 全68件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
メロスは激怒した。
われ、山にむかいて、目を挙ぐ。
桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。
撰(えら)ばれてあることの恍惚(こうこつ)と不安と二つわれにありヴェルレエヌ死のうと思っていた。
本州の北端の山脈は、ぼんじゅ山脈というのである。
人生はチャンスだ。
きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。
ことしの正月から山梨県、甲府市のまちはずれに小さい家を借り、少しずつ貧しい仕事をすすめてもう、はや半年すぎてしまった。
私は、独りで、きょうまでたたかって来たつもりですが、何だかどうにも負けそうで、心細くてたまらなくなりました。
はるばると海を越えて、この島に着いたときの私の憂愁を思い給え。
異国語においては、名詞にそれぞれ男女の性別あり。
以下に記すのは、かの聊斎志異の中の一篇である。
東京は、哀しい活気を呈していた、とさいしょの書き出しの一行に書きしるすというような事になるのではあるまいか、と思って東京に舞い戻って来たのに、私の眼には、何の事も無い相変らずの「東京生活」のごとくに映った。
あの日、朝から、雪が降っていたわね。
「官僚が悪い」という言葉は、所謂「清く明るくほがらかに」などという言葉と同様に、いかにも間が抜けて陳腐で、馬鹿らしくさえ感ぜられて、私には「官僚」という種属の正体はどんなものなのか、また、それが、どんな具合いに悪いのか、どうも、色あざやかには実感せられなかったのである。
これは、れいの飲食店閉鎖の命令が、未だ発せられない前のお話である。
立ちつくし、ものを思へば、ものみなの物語めき、(生田長江)あの、私は、どんな小説を書いたらいいのだろう。
「戦争が終ったら、こんどはまた急に何々主義だの、何々主義だの、あさましく騒ぎまわって、演説なんかしているけれども、私は何一つ信用できない気持です。
むかし湖南の何とやら郡邑に、魚容という名の貧書生がいた。
おもてには快楽をよそい、心には悩みわずらう。
言えば言うほど、人は私を信じて呉れません。
八年まえの事でありました。
奥さまは、もとからお客に何かと世話を焼き、ごちそうするのが好きなほうでしたが、いいえ、でも、奥さまの場合、お客をすきというよりは、お客におびえている、とでも言いたいくらいで、玄関のベルが鳴り、まず私が取次ぎに出まして、それからお客のお名前を告げに奥さまのお部屋へまいりますと、奥さまはもう既に、鷲(わし)の羽音を聞いて飛び立つ一瞬前の小鳥のような感じの異様に緊張の顔つきをしていらして、おくれ毛を掻(か)き上げ襟もとを直し腰を浮かせて私の話を半分も聞かぬうちに立って廊下に出て小走りに走って、...
子供のころから、お洒落のようでありました。
たましいの、抜けたひとのように、足音も無く玄関から出て行きます。
大学生、三浦憲治君は、ことしの十二月に大学を卒業し、卒業と同時に故郷へ帰り、徴兵検査を受けた。
ヨワン榎(えのき)は伴天連ヨワン・バッティスタ・シロオテの墓標である。
玉砕という題にするつもりで原稿用紙に、玉砕と書いてみたが、それはあまりに美しい言葉で、私の下手な小説の題などには、もったいない気がして来て、玉砕の文字を消し、題を散華と改めた。
第一巻ことしの夏、私はすこしからだ具合いを悪くして寝たり起きたり、そのあいだ私の読書は、ほとんど井伏さんの著書に限られていた。
父がなくなったときは、長兄は大学を出たばかりの二十五歳、次兄は二十三歳、三男は二十歳、私が十四歳でありました。
佐野君は、私の友人である。
生い立ちと環境私は田舎のいわゆる金持ちと云われる家に生れました。
イエス其(そ)の弟子たちとピリポ・カイザリヤの村々に出でゆき、途にて弟子たちに問ひて言ひたまふ「人々は我を誰と言ふか」答へて言ふ「バプテスマのヨハネ、或人はエリヤ、或人は預言者の一人」また問ひ給ふ「なんぢらは我を誰と言ふか」ペテロ答へて言ふ「なんぢはキリスト、神の子なり」(マルコ八章二七)たいへん危いところである。
フィジー人は其(その)最愛の妻すら、少しく嫌味を覚ゆれば忽(たちま)ち殺して其肉を食うと云う。
晩ごはんを食べていて、そのうちに、私は箸と茶碗を持ったまま、ぼんやり動かなくなってしまって、家の者が、どうなさったの、と聞くから、私は、あ、厭(あ)きちゃったんだ、ごはんを、たべるのが厭きちゃったんだ、とそう言って、そのことばかりでは無く、ほかにも考えていたことがあって、それゆえ、ごはんもたべたくなくなって、ぼんやりしてしまったのであるが、けれども、それを家の者に言うのは、めんどうくさいので、もうこのまま、ごはんを残すから、いいかね、と言ったら、家の者は、かまいません、と答えた。
ことしの正月は、さんざんでありました。
れいの、璽光尊とかいうひとの騒ぎの、すこし前に、あれとやや似た事件が、私の身辺に於いても起った。
どうにかなる。
手招きを受けたる童子いそいそと壇にのぼりつ「書きたくないことだけを、しのんで書き、困難と思われたる形式だけを、えらんで創り、デパートの紙包さげてぞろぞろ路ゆく小市民のモラルの一切を否定し、十九歳の春、わが名は海賊の王、チャイルド・ハロルド、清らなる一行の詩の作者、たそがれ、うなだれつつ街をよぎれば、家々の門口より、ほの白き乙女の影、走り寄りて桃金嬢の冠を捧(ささ)ぐとか、真なるもの、美なるもの、兀鷹(はげたか)の怒、鳩(はと)の愛、四季を...
辰野隆先生の「仏蘭西文学の話」という本の中に次のような興味深い文章がある。
暑い時に、ふいと思い出すのは猿簑の中にある「夏の月」である。
一人の遊蕩の子を描写して在るゆえを以て、その小説を、デカダン小説と呼ぶのは、当るまいと思う。
正直言うと、私は、この雑誌(懸賞界)から原稿書くよう言いつけられて、多少、困ったのである。
こちら(津軽)へ来てから、昔の、小学校時代の友人が、ちょいちょい訪ねて来てくれる。
琉球、首里の城の大広間は朱の唐様の燭台にとりつけてある無数の五十匁掛の蝋燭がまばゆい程明るく燃えて昼の様にあかるかつた。
二日つづけて酒を呑んだのである。
ボオドレエルに就いて「ボオドレエルに就いて二三枚書く。
ことしの七夕は、例年になく心にしみた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。