ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 太宰治 長編(1時間〜)

1時間〜で読める太宰治の長編作品

青空文庫で公開されている太宰治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編26作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜26件 / 全26件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
はしがき私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽かな叫び声をお挙げになった。
あさ、眼をさますときの気持は、面白い。
「あ、鳴つた。
[#ページの左右中央]津軽の雪こな雪つぶ雪わた雪みづ雪かた雪ざらめ雪こほり雪(東奥年鑑より)[#改丁]序編或るとしの春、私は、生れてはじめて本州北端、津軽半島を凡そ三週間ほどかかつて一周したのであるが、それは、私の三十幾年の生涯に於いて、かなり重要な事件の一つであつた。
作者の言葉この小説は、「健康道場」と称する或(あ)る療養所で病いと闘っている二十歳の男の子から、その親友に宛てた手紙の形式になっている。
他人を攻撃したって、つまらない。
[#ページの左右中央]わがあしかよわくけわしき山路のぼりがたくともふもとにありてたのしきしらべにたえずうたわばききていさみたつひとこそあらめさんびか第百五十九[#改ページ]四月十六日。
「ここを過ぎて悲しみの市。
一章黄昏のころ私は叔母と並んで門口に立つてゐた。
凡例一、わたくしのさいかく、とでも振仮名を附けたい気持で、新釈諸国噺という題にしたのであるが、これは西鶴の現代訳というようなものでは決してない。
これは日本の東北地方の某村に開業している一老医師の手記である。
はしがきこんなものが出来ました、というより他に仕様が無い。
第一回十五枚ずつで、六回だけ、私がやってみることにします。
序編には、女優高野幸代の女優に至る以前を記す。
その八年まえに亡くなった、あの有名な洋画の大家、入江新之助氏の遺家族は皆すこし変っているようである。
君にこの生活を教えよう。
師走上旬月日。
前書き「あ、鳴つた。
――わが獄中吟。
大貧に、大正義、望むべからず――フランソワ・ヴィヨン第一回一つの作品を、ひどく恥ずかしく思いながらも、この世の中に生きてゆく義務として、雑誌社に送ってしまった後の、作家の苦悶に就いては、聡明な諸君にも、あまり、おわかりになっていない筈(はず)である。
序編には、女優高野幸代の女優に至る以前を記す。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。