ブンゴウサーチ
児童書版

新らしき祖先

相馬泰三
『新らしき祖先』は青空文庫で公開されている相馬泰三の短編作品。10,588文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。
文字数
30分以内   10,588 文字
人気
  -- PV
書き出し
或(あ)る年の、四月半ばの或る晴れた日、地主宇沢家の邸裏の畑地へ二十人ばかりの人足が入りこんで、お喋舌をしたり鼻唄を唄つたりして賑(にぎや)かに立働いてゐた。
初出
1917年   (「新潮」1917(大正6)年10月号)
表記
新字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。