ブンゴウサーチ
児童書版
TOP アントン・チェーホフ 長編(1時間〜)

1時間〜で読めるアントン・チェーホフの長編作品

青空文庫で公開されているアントン・チェーホフの作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜8件 / 全8件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
人物ラネーフスカヤ(リュボーフィ・アンドレーエヴナ)〔愛称リューバ〕女地主アーニャその娘、十七歳ワーリャその養女、二十四歳ガーエフ(レオニード・アンドレーエヴィチ)〔愛称リョーニャ〕ラネーフスカヤの兄ロパーヒン(エルモライ・アレクセーエヴィチ)商人トロフィーモフ(ピョートル・セルゲーエヴィチ)〔愛称ペーチャ〕大学生ピーシチク(ボリース・ポリーソヴィチ・シメオーノフ)地主シャルロッタ(イワーノヴナ)家庭教師...
人物アルカージナ(イリーナ・ニコラーエヴナ)とつぎ先の姓はトレープレヴァ、女優トレープレフ(コンスタンチン・ガヴリーロヴィチ)その息子、青年ソーリン(ピョートル・ニコラーエヴィチ)アルカージナの兄ニーナ(ミハイロヴナ・ザレーチナヤ)若い処女、裕福な地主の娘シャムラーエフ(イリヤー・アファナーシエヴィチ)退職中尉、ソーリン家の支配人ポリーナ(アンドレーエヴナ)その妻マーシャその娘トリゴーリン(ボリース・アレクセーエ...
町立病院の庭の内、牛蒡、蕁草、野麻などの簇(むらが)り茂ってる辺に、小やかなる別室の一棟がある。
ボギモヴォ村、一八九一年朝の八時といえば、士官や役人や避暑客連中が蒸暑かった前夜の汗を落しに海にひと浸りして、やがてお茶かコーヒーでも飲みに茶亭へよる時刻である。
私はこんな手紙を貰った。
行儀がわるいまるできつねみたいな顔つきをした一匹の若い赤犬が――この犬は、足の短い猟犬と番犬とのあいのこだが――歩道の上を小走りに行ったりきたりしながら、不安そうにあたりをきょろきょろ見まわしていた。
町立病院の庭の内、牛蒡、蕁草、野麻などの簇(むらが)り茂つてる邊(あたり)に、小やかなる別室の一棟がある。
人物セレブリャコーフ(アレクサンドル・ヴラジーミロヴィチ)退職の大学教授エレーナ(アンドレーヴナ)その妻、二十七歳ソーニャ(ソフィヤ・アレクサンドロヴナ)先妻の娘ヴォイニーツカヤ夫人(マリヤ・ワシーリエヴナ)三等官の未亡人、先妻の母ワーニャ伯父さん(イワン・ペトローヴィチ・ヴォイニーツキイ)その息子アーストロフ(ミハイル・リヴォーヴィチ)医師テレーギン(イリヤ・イリイーチ)落ちぶれた地主マリーナ年寄りの乳母...
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。