ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 土田耕平 短編(10分以内)

10分以内で読める土田耕平の短編作品

青空文庫で公開されている土田耕平の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜6件 / 全6件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
その時、太郎さんは七つ、妹の千代子さんは五つでありました。
はげしい雨風の夜であります。
文吉は、ある夏休の末のこと、親不知子不知の海岸に近い、従兄の家へあそびに行きました。
枕もとの障子に笹(ささ)の葉のかげがうつりました。
私が幼いころ、一ばんさきにおぼえた字は、八といふ字でありました。
その時、太郎さんは七つ、妹の千代子さんは五つでありました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。